座りすぎは死を招く?最近は立ったままデスクワークを行う会社も出現!
33views

座りすぎは死を招く?最近は立ったままデスクワークを行う会社も出現!

座りすぎると、死亡リスクが高まるという研究があります。座りすぎると心臓関係の疾患やがん、糖尿病などの病気を発症しやすくなります。海外での小学校の一部では立ったまま授業を行うところも出てきています。日常生活では散歩などを毎日行うようにしましょう。

座りすぎると死を招く?

デスクワークをしている方は要注意!

デスクワークをしている方は要注意!

座りすぎると死のリスクが高まるという恐ろしい研究結果が出ています!

一日の大半をデスクワークで過ごしている方の場合、糖尿病や心臓病になりやすい傾向があるのです。

まったく歩く習慣がない方は要注意!

まったく歩く習慣がない方は要注意!

歩く習慣がまったくない!という方は特に要注意です。

通勤は車で、仕事はデスクワークという方は、毎日ほとんど動くことがありません。自宅に帰っても座ったままテレビを見ていたのでは、丸一日座っている状態になってしまいます。

座り続けると身体の中で何が起こるのか?

座り続けると身体の中で何が起こるのか?

何故座りすぎると身体に悪い影響を与えるのでしょうか?

その答えは、下半身の筋肉がまったく使われないため、全身の血液がスムーズに流れなくなってしまうからです。血液中の酸素や栄養分などもうまく流れていかないため、血液の状態もドロドロとした状態になってしまいます。こうした状態が長期化することによって心臓病や糖尿病になりやすくなり、寿命も短くなってしまうのです。

座りすぎ対策も行われています

オーストラリアの小学校では

a0055_000848 資格の勉強 study ペン ノート 学習 レッスン 学校 教材

座りすぎの問題については、海外では大きな問題として注目が集まっています。
オーストラリアにある小学校では、長期間の座りすぎを解決するために、立ったまま授業を行う時間を設けています。
立ちっぱなしだと、逆に疲れてしまうのではないかと思われがちですが、授業に集中することができ、逆に身体が疲れないという結果が出ています。

日本の企業でも!

日本の企業の一部では、立ったままデスクワークが出来るように、机を高く調整できるものを導入しています。
これならば、長時間のオフィスワークでも立ったり座ったりすることができるので、座りすぎを防ぐことができます。

自分で出来る座りすぎ対策

一時間に一回わざと席を立ちましょう

一時間に一回わざと席を立ちましょう

仕事がデスクワークの場合、なかなか席を立って歩きまわることは難しいことかもしれません。

そこで、一時間に一度トイレに出かけたり、コピーなどの雑用を行うとよいでしょう。

36bb761568906ba1d3ad0da7cb51226e_s 女性 仕事 オフィス 伸び 休憩 リラックス 疲労

そう頻繁に席を立つと上司や周囲の人に睨まれそう!という方は、机の下で軽く運動をしましょう。

かかとを上げ下げするだけでも膝から下の筋肉を動かすことになるため、下半身の血流の流れを一時的に改善させることができます。
一時間に一度の割合でかかとの上げ下げ運動を行うとよいでしょう。

お昼休みにウォーキングをしてみましょう

お昼休みにウォーキングをしてみましょう

座りすぎ対策として、お昼休みはウォーキングをするとよいでしょう。

一日オフィスの中にいるよりも、外の空気を吸って歩くと、気分転換にもなります。全身の血行や血流がよくなります。また通勤中は、できるだけ歩くようにするとよいでしょう。一駅分歩いてみるのもお勧めです。

休日はよく歩きましょう

平日、ほとんど座りっぱなしという方は、休日はどんどん外に出かける機会を作るようにするとよいでしょう。近所をウォーキングしたり、ショッピングモールでウィンドーショッピングするのも、座りすぎ対策になります。

休日も家でゴロゴロしているとますます身体を動かさなくなってしまうので、大変なことになります。座りすぎ対策は、身体を少し動かすだけで血流をよくすることができるので、ちょっとした機会を見逃さずに、身体をどんどん動かしましょう。

PR