膝に悩みを抱える人は、膝の症状でサポーターを選びましょう。
48views

膝に悩みを抱える人は、膝の症状でサポーターを選びましょう。

膝に違和感があると、日常生活の中で歩くことさえ億劫になりかねません。そんな時に助けになってくれるのが膝用のサポーターですが、膝の症状でサポーターを選び分けた方がよいでしょう。どのような症状のときに、どのようなサポーターを選べばよいのか、紹介します。

膝に違和感を覚えることはありませんか。

普通に歩くことができるときには、特に歩いていて膝を意識することはないかもしれません。

しかし、一度膝に違和感を覚えるようになると、歩く動作の一歩ごとに膝の存在が感じられるようになるものです。違和感から、さらに進んで、膝に痛みがある場合は、歩くことさえ億劫になってしまうこともあるでしょう。

そんな時、助けになってくれるのが、膝用のサポーターです。

サポーターをすることで痛みが和らいだり、動きやすくなりますから、是非活用したいものです。膝用サポーターには、様々な種類のものがありますから、膝の症状でサポーターを選び分けるようにしましょう。

膝に違和感を覚えることはありませんか。

膝の症状でサポーターを選び分けよう。

膝の症状でサポーターを選び分けよう。

冷えると痛みが出るなど症状が軽いとき。

膝に違和感はあるけれど、医者に行くほどではないと思える場合や、冷えると痛みを感じるが、それほど強い痛みではない場合、特に違和感はない場合、また、膝を温めると膝の違和感が無くなる場合など、比較的症状が軽いときは、通常のサポーターを選ぶといいでしょう。

生地に伸縮性があり、保温効果が高く、付けたり外したりするのも簡単で、洗濯ができるものが多いですが、膝の周りを温めることを目的としていますから、膝を支持する力はさほど強くありません。

このようなサポーターを選ぶ際には、長時間装着することも考慮して、きついものは避けるようにしましょう。きつめのものの方が、サポート力があるように感じるかもしれませんが、かえって血行が悪くなることも考えられますから、注意しましょう。

ドラッグストアやホームセンターなどで購入することができますが、品質を考えると、1000円以上のものを選ぶ方が間違いなさそうです。

100均ショップでも膝用サポーターは販売されていますが、洗うとほつれてしまったり、使用するうちにサポート力が落ちてしまったりすることが多いようです。

このタイプのサポーターは、特に膝に違和感がなくても、重い荷物を持つ作業をするときや、スポーツや登山のときなどに、膝を傷めることがないよう、予防目的でつけても構いません。

品質を考えると、1000円以上のものを選ぶ方が間違いなさそうです。

動作の途中で、膝に痛みが出る場合など。

冷えると痛むというだけではなく、動いてる途中に膝に痛みを感じたり、膝がガクッとしたり、不安定な感じがしたるする場合、また、過去に膝にケガをしたことがある場合などは、支柱付き装具といわれるサポーターを選ぶようにしましょう。

スポーツや登山などで膝を酷使する場合も、支柱付き装具にした方がいいでしょう。

支柱付き装具には、サポート力によりソフトタイプからハードタイプまでありますが、日常生活での膝の痛みでは、ソフトからミドルタイプ、運動中の膝の痛みや、膝がずれてしまうなどの症状がある場合には、ミドルからハードタイプを選びます。

動作の途中で、膝に痛みが出る場合など。

しっかりと膝を支持してくれることで、膝の負担も減り、安定して踏ん張りも聞くようになりますが、取り外しが面倒で、価格は通常のサポーターよりも高いというデメリットもあります。

この支柱付き装具は、動く時にだけつけるのが基本ですので、ある程度きつめで、しっかりとサポートしてくれるものを選ぶようにします。

一度つけたら、つけっぱなしにしないように気を付けましょう。ドラッグストアなどで購入することができますが、医療用メーカーが販売しているものを選ぶと間違いないようです。

また、価格幅はとても大きいですが、あまり安価なものは、選ばない方がいいでしょう。

あまり安価なものは、選ばない方がいいでしょう。

PR