食欲のコントロールをする方法 食欲をコントロールしてスリムな身体へ
69views

食欲のコントロールをする方法 食欲をコントロールしてスリムな身体へ

食欲のコントロールができれば良いなと思うことはありませんか?「あのときに食べていなければ、こんなにお腹に脂肪がつかないのにな」とくやむことがあるでしょう。食欲をコントロールする方法についてご紹介しましょう。

食欲をコントロールしてスリムな体型になろう

食欲のコントロールをすることで、太りにくい体を作りませんか?食欲のコントロール方法について詳しくご紹介しましょう。

食欲のコントロールは甘味と関係がある

食欲のコントロールは甘味と関係がある

食欲のコントロールをするためには、調理時に使う調味料に注目する必要があります。

食事を作るときに、甘みや油脂、だしなどのうま味を、調味料として加えると思いますが、この甘味などのうまみ成分が食欲を増進させることになってしまいます。

調味料を加えると、食材がおいしくなりますが、このおいしさによって、脳内でβエンドルフィンが出てしまい、食欲をアップさせてしまうのです。よって、食欲をコントロールしたいのであれば、食事をつくるときにうまみ成分を控えることが大切です。

食欲のコントロールをするにはストレス減の生活を

食欲のコントロールをするにはストレス減の生活を

ヒトは過度なストレスを感じることで、食欲がアップしてしまいます。ストレスをまったく感じることがない生活は難しいと思うので、ストレスを感じても発散できる方法を身に着けておきましょう。

また、睡眠時間が不足していると、食欲がアップしてしまいます。ヒトは睡眠不足になると、グレリンという食欲増進ホルモンを分泌します。睡眠不足になるとおよそ350キロカロリーもの、カロリー増加となってしまうのです。グレリンを増やさないためにも、毎日適度な睡眠時間を確保することが大切です。

しっかり噛んで脳内にヒスタミンを増やそう

しっかり噛んで脳内にヒスタミンを増やそう

最近の研究で、脳内のヒスタミンが増えることによって、食欲を抑える効果があることが分かりました。どのように脳内ヒスタミンを増やせば良いのかというと、しっかりとよく噛んで食べることです。噛むことによって、刺激が脳の結節乳頭核に行きわたり、脳内にヒスタミンが増加します。ヒスタミンが増えることで、満腹中枢を刺激し、満腹感が得られるため食欲のコントロールができます。

さらに、脳内のヒスタミンは、内臓脂肪を減少させてくれる効果もあります。食事をするときは、30回以上噛んでヒスタミンを増やして、食欲を抑えましょう。

ヒスチジンを含む食材で食欲のコントロールを

ヒスチジンを含む食材で食欲のコントロールを

ある研究で、食材に含まれている成分を多く食べれば食べるほど、食事の量を減らすことができることが分かりました。その成分は、ヒスチジンです。これはさんまやさば、まぐろなどの青魚に多く含まれており、ヒスタミンの原料となっています。これらの青魚を献立に取り入れて、食欲のコントロールをしましょう。

視覚で食欲のコントロールをしよう

視覚で食欲のコントロールをしよう

食事をするときに、ランチョンマットやトレイを使われている方はどのくらいいらっしゃいますか?食欲のコントロールをしたいのであれば、ランチョンマットやトレイの色に注目してみましょう。

オレンジや赤色などの暖色系の色は、食欲をアップさせる色です。よって、食欲をコントロールするためには、青色や紫色、黄緑色などの食欲を抑える色を使うことが大切です。

また、使っている食器の大きさにも注目してみましょう。大きな器を使っている方は、小さめの食器に盛り付けてみてください。同じ量を入れても、小さな食器であれば、多く入っているように見えるため、多く食べているという錯覚に陥ります。

このように、色や大きさなどの視覚を使って、食欲をコントロールしてみてください。

PR