太る方法で健康的な体になる!健康的な太り方の方法をご紹介
96views

太る方法で健康的な体になる!健康的な太り方の方法をご紹介

太る方法を実践して健康的な体になると、体だけでなく心も元気になってくるもの。しかしむやみに高カロリー食品を食べたり、食べすぎたりしては体を壊してしまいます。ここでは自分でできる健康的に太るための習慣を解説します。

太る方法は太れない理由できまる

太る方法は太れない理由できまる

体質的に痩せている人、病気などの原因があって痩せてしまった人など、太りたくても太れない理由はさまざま。そのため、個人の痩せている理由に合わせて太り方を選ぶ必要があります。

遺伝

親も痩せていると遺伝的に太りにくい体質である可能性が。

親もその親も痩せていると遺伝的に太りにくい体質である可能性があります。

その場合、どれだけ食べても筋トレをしてもしばらく続けない期間ができると再び元の痩せた体に戻ってしまうことに。まずは体質改善をじっくり行いましょう。体質改善を継続していきながら、太るための方法を行います。

生活の乱れ

生活の乱れ

バランスのとれた食事ではなく、肉や脂の多いメニューで野菜が少ない、睡眠時間が短い、夜更かしをしているなど生活の乱れがあると腸が汚れやすくなり、栄養の吸収に影響がでるため太りにくくなることも。栄養吸収の要になる腸から健康になれるよう生活の乱れを整えましょう。

胃下垂や胃アトニー

胃下垂や胃アトニー

胃の下部が下へのびる状態になる胃下垂は、膨満感や腹痛、お腹の張りなどを症状として感じます。悪化すると胃アトニーになり、胃酸過多から胃炎や胃潰瘍になる可能性が出てきます。胃下垂の初期であれば比較的治りやすく、生活習慣の改善や腹筋運動でよくなることが期待できるため、心配な症状が見られる時は早めに病院へかかりましょう。

健康な体で太る方法

病気が治り、体質改善も行っている状態で試すべき太る方法はたくさんあります。体は元気で異常がないけれど太れない時には次の方法を試してみましょう。

欠食せず夕食をたっぷりとる

欠食せず夕食をたっぷりとる

食事をぬくと太りやすいといわれますが、その後の食事で食べすぎるためで体には負担がかかります。それよりも欠食せず三食しっかり食べる方が健康的に太ることが可能です。

また、三食の中でも夕食でとったカロリーは体に蓄積される部分が多いため夕食の量を増やすと太りやすくなります。ただ高カロリーの食品をプラスするよりも、ご飯を1杯余分に食べる方が健康的です。

筋肉をつける無酸素運動

筋肉をつける無酸素運動

ダイエットしたい人には脂肪を燃焼する有酸素運動がすすめられますが、筋肉をつけて太りたい時には逆の無酸素運動を行います。瞬発力や筋力を必要とする運動で、100メートル走、スクワットや腹筋などの筋トレで筋肉を鍛えますが、体を大きく見せるためには背中や胸、お腹、足の大きな筋肉を先に鍛えた方が太ったように見えるでしょう。

休養と栄養をしっかりとる

休養と栄養をしっかりとる

筋トレのあとは筋肉が壊れるため、それを修復してより強く太い筋肉を作り出すことができます。しかしそのためにはしっかり体を休めつつバランスよく栄養もとることが欠かせません。

トレーニングを行う頻度は2、3日に1度にしてその他は休養に使いましょう。

骨格や筋肉バランスを整える

骨格や筋肉バランスを整える

骨格と筋肉が正しい位置になければ、いくら栄養をバランスよくとっても筋トレを行っても理想的な体に太ることは難しいでしょう。整体師などプロに体をみてもらい調整を受ける方法もありますが、その人の腕次第な部分と費用がかかるというデメリットもあります。

そこで自分でストレッチを継続して行いバランスを整える方法を実践しましょう。方法はさまざまですが、縮んだ筋肉をのばす目的の運動で体に負担がかかりすぎないものであれば行いやすい方法で構いません。続けて行うことが大切です。

PR