熱中症の予防法と、熱中症になってしまった時の対処法
124views

熱中症の予防法と、熱中症になってしまった時の対処法

7月から8月は熱中症になる人が急増します。熱中症は、重度の場合死に至ることもあり、決して侮れません。こちらでは、熱中症の予防法、熱中症になってしまった時の対処法をお話しします。子どもや高齢の方は特に気を付けてください。

熱中症ってなに?

熱中症ってなに?

熱中症という言葉を一度は聞いたことがあるでしょう。

毎年、7月から8月が最も発生しやすいと言われています。特に、梅雨明けいきなり暑くなる7月は、身体が暑さになれていないせいか、熱中症で救急搬送される人が続出しています。

熱中症とは、気温に身体が反応せず、体内にある水分や塩分のバランスが崩れて体温調節の機能が働かなくなることを言います。

気温が30℃以上になると熱中症になる人が急激に増えます。気温だけでなく、湿度が高かったり風が全く吹かなかったりする環境でも熱中症になりやすくなります。子どもや高齢者は特に発症しやすく、ひどい時には死亡に至るケースもあります。

熱中症の症状とは?

熱中症の症状とは?

熱中症は軽度から重度まで段階があります。軽度の症状としては、大量の発汗やめまい、筋肉痛やこむら返りが起こります。

中度の症状としては、頭痛や嘔吐、身体のだるさや脱力感があります。重度の症状としては、高体温や歩行困難、意識不明、反応なしなどがあります。

熱中症の予防法

日差しを避ける

日差しを避ける

外出する時は、帽子をかぶったり日傘をさしたりして、日差しに当たらないようにしましょう。なるべく日陰を歩くだけでも予防になります。

屋内にいる時は、すだれやゴーヤカーテンなどで日差しを遮り、エアコンや扇風機も活用しましょう。

通気性の良い服を着る

外出する際、通気性の良い服を着ることも予防になります。綿や麻素材のものを選び、下着も速乾性、吸水性の高いものを身につけると良いでしょう。

水分補給を忘れない

水分補給を忘れない

自分で気づかなくても汗はかいています。脱水症状が起きないよう、水分補給はまめに行いましょう。水筒やペットボトルを持ち歩くことがおすすめです。

冷却グッズを使おう

冷却グッズはたくさんあります。冷却スプレーをかけたり、クールタオルを首に巻いても良いでしょう。保冷剤が入るクールマフラーもあります。

寝る時にはソフト水枕やアイスジェル枕を使うと、熱帯夜でも快適に眠れます。

バランスの良い食事をしよう

バランスの良い食事をしよう

バランスの良い食事を心掛けることも大切です。まんべんなく栄養を摂っておくことで熱中症になりにくい丈夫な身体を作ることが出来ます。

また、汗で塩分が出やすい状態ですので、塩分も少々補給すると良いでしょう。

運動する習慣をつけよう

普段から運動する習慣を身につけて置くこともポイントです。よく汗をかく人は、夏の暑さにも対抗できる力が身につきます。早朝や夕方など涼しい時間帯に軽くウォーキングをすると良いでしょう。

熱中症になった時の対策法

熱中症になった時の対策法

涼しい場所へ移動しよう

熱中症の予防をしていてもなってしまうことがあります。熱中症かなと思ったら、日陰に移動したり、エアコンが効いている室内に入ったりして、涼しい場所へ行きましょう。

放熱させよう

身体に熱がこもっているため、放熱させることが大事です。身体に水をかけたり、濡らしたタオルを当てたりしてみてください。衣服をゆるめて風通しを良くすることも有効です。

水分と塩分を補給しよう

冷たい水をたくさん飲みましょう。汗もたくさんかいていると思うので、塩分を摂ることも有効です。塩入りのスポーツドリンクや塩あめがあれば最適です。

病院へ搬送してもらおう

重度の場合には応急処置では効きません。一刻も早く病院へ連れて行ってもらいましょう。

PR