冷えを温める場所によって防寒効果が全く違うって知ってた・・!?
135views

冷えを温める場所によって防寒効果が全く違うって知ってた・・!?

冬は体が冷えてしまいがちで、体調を崩すことが増えてくる季節です。この冷えを温める場所によって効果的に対策できるコトもあれば、全く対策で来ていないということもあるんです。。それだけ体のどこをどう温めるかというのは重要なんです。これからの季節に使える効果的な体の温め方をご紹介したいと思います!

冷えを温める場所を上手く工夫して対策してみよう!

冷えを温める場所を上手く工夫して対策してみよう!

女性の体に冷えは絶対だめ!

冷えは対象と崩す原因になるだけでなく、女性の場合は女性器に大きな負担がかかってしまいます。毎月絶妙なホルモンバランスによって行われている排卵も、冷えで卵巣の働きが低下してしまうとホルモンのバランスが崩れて乱れてしまいます。それによって生理不順になってしまったり、生理痛の悪化などにもつながります。

冷えると代謝も低下します

冷えると代謝も低下します。ただでさえ女性の体は筋肉量が少なく代謝が低くなりがちです。冷えてさらに代謝が増えると動いても動いても脂肪は燃えません。ダイエット中の方にとってはとても辛いことだと思います。

体も痩せやすい体から痩せにくい体に変化していってしまいます。そこで重要になってくるのが冷え対策なのです。しっかりと正しく温めることができれば、通常の冷え対策でも効果は倍近く上がります。

体を温めるのにはこんなものが使える♪

絶対欠かせないのがカイロ!

絶対欠かせないのがカイロ!

冬の防寒グッズの定番と言ったらカイロですよね!

貼り付けることができるタイプ、ポケットに入れておけるタイプ、靴の中に入れられるタイプといろいろなタイプのものが販売されています。日本人にとっては冬になくてはならない存在だと思います。

外出時にも手軽に使えるのがとっても便利ですよね!最近では何度も温めて使えるエコカイロなども販売されており、カイロも日々進化しています。

ジワジワ人気が出てきている湯たんぽ♪

ジワジワ人気が出てきている湯たんぽ♪

昔の人が使っているイメージが強い湯たんぽですが、最近また女性たちの間で利用が広まっている冷え対策グッズです。

カイロは温まるまでに時間がかかってしまったり、一日温かさが持たないものがほとんどですが、湯たんぽはお湯さえ入れてしまえばすぐに温まれますし、お湯を入れ替えれば一日温かく保つことができます。湯たんぽカバーは可愛いデザインのものが豊富で選ぶのが楽しいですよ♪

正しい温め方を知ろう!

頭寒足熱が基本中の基本!

頭寒足熱が基本中の基本!

受験期によく聞くこの言葉、頭を冷やして足を温めるという文字通りの意味です。暖房がついている部屋では、暖かい空気は上に行ってしまうので、足元はずっとひんやりしてしまっていますよね。

体を温める場合重要なのは下半身、特に足を重点的に温めることです。湯たんぽを足の下に入れてみたり、分厚い靴下や厚めのタイツを履いたり、ひざ掛けなどを利用するのも効果的です。

大きな筋肉があるところを温める!

大きな筋肉があるところを温める!

血管が集まっているところを温めるとよいと言いますが、それと同じ原理で大きな筋肉があるところを温めるのも体をぽかぽかにする一つの方法です。

大きな筋肉というのは、腕にある上腕二頭筋や、太ももにある大腿筋などです。筋肉は血液がたくさん集まってくるところなので筋肉を温めてあげるだけでもだいぶ違います。

意外や意外!背中を温めるのがイイ!

意外や意外!背中を温めるのがイイ!

back / ^JAN^ https://www.flickr.com/photos/janpapas/3232717480/

カイロを普段貼っている人は、お腹や腰に貼っていると思いますが、肩甲骨の間の背中の部分に張るのも冷え対策に効果的です。肩甲骨の周りは血流が集まっています。

また、体の中でも特に冷えやすい部分だと言われています。ここが冷えてしまうと体全体が冷えてしまいます。ブランケットを背中にかけて使ったり、カイロを貼ったりして対策しましょう。

PR