糖尿病予備群とは?糖尿病にならないための予防法
84views

糖尿病予備群とは?糖尿病にならないための予防法

糖尿病になると、食事療法や薬物療法、運動療法など様々な方法で血糖値をコントロールしなければなりません。糖尿病の初期は自覚症状がないため、気づいたときには病気が進行してしまっていることが多いです。糖尿病予備群とはどのような状態を言うのか、その症状や予防法などについてご紹介しましょう。

初期症状があまりない糖尿病の怖さ

糖尿病は国民病とも言われています。

一度掛かってしまうと、様々な方法で血糖値をコントロールしなければなりません。糖尿病にならないために、糖尿病予備軍の状態がどのようなものなのかを勉強しましょう。

糖尿病予備群とは、糖尿病型と正常型の境目のことで、境界型と呼ばれています。境界型の血糖値はどのくらいなのでしょうか?詳しくみていきましょう。

糖尿病予備軍の境界型とは?

糖尿病予備軍の境界型とは?

糖尿病予備軍の境界型の血糖値は、空腹時が110~125mg/dlです。そして、ブドウ糖75g接種後の値は140~199mg/dlとなっています。健康な方の血糖値は、食後に少しは上がるのですが、2時間もすると元の値に戻ります。しかし、糖尿病予備軍になると、血糖値が下がりにくくなります。

糖尿病予備軍は、糖尿病特有の合併症は起こりにくいのですが、数年以内に糖尿病を発症する確率が高いため、普段から血糖値に気をつけなれけばいけません。

糖尿病予備軍から正常型に戻るためには?

糖尿病予備軍から正常型に戻るためには?

健康診断などで、糖尿病予備軍だと診断された場合、どのような点に気をつければ良いのでしょうか?健康な状態である正常型に戻るための方法についてご紹介しましょう。

【肥満を解消する】

【肥満を解消する】

太っていると、糖尿病になりやすい傾向があります。

メタボリックシンドロームになると、糖尿病を引き起こしやすいため、メタボの解消をする必要があります。メタボの解消は、まず食生活を見直すことから始めましょう。野菜などから食物繊維をとり、油分や糖分を控えてバランスの良い食事を心がけましょう。

毎日お風呂上がりなどに体重を計る習慣をつけ、極端に増加するようであれば、食べる量や内容を見直す必要があります。

【毎日の運動習慣をつける】

【毎日の運動習慣をつける】

毎日運動をする習慣をつけることで、肥満の改善ができます。運動不足になると、血糖値が高くなりやすい状態をつくってしまうため、毎日体を動かすことが大切です。ウォーキングやヨガなど簡単な運動で良いので、毎日続けて行いましょう。

普段、エレベーターやエスカレーターを使っている方は、階段で昇り降りをしましょう。また、バスや電車で座りがちな方も、つり革につかまるだけでも運動量を増やすことができます。

【ストレスをためない生活を送る】

【ストレスをためない生活を送る】

ストレスがたまることで、糖尿病に掛かりやすくなります。なるべくストレスをためない生活を心がけたいものです。ただ、ストレスゼロで生活をすることは難しいため、自分なりのストレス発散方法を見つけて実行しましょう。

糖尿病は死に至る怖い病気

糖尿病は死に至る怖い病気

糖尿病が進行すると最悪の場合死に至ってしまいます。

糖尿病になると、のどが渇いたり、トイレの回数が増えたり、全身がだるく疲れやすいなどの症状が出ます。一度糖尿病に掛かってしまうと、薬や手術などで治療を行っても、インスリンを分泌する機能を正常な状態へ戻すことはできないため、合併症に掛かった場合、最悪死亡してしまいます。

糖尿病による死亡率は11%と言われています。糖尿病にならないようにするために、糖尿病予備軍のうちに、症状を改善したいものです。糖尿病予備軍のうちに、早期治療を行うことで、症状を予防することができるため、毎年健康診断を受け、血糖値を確認することが大切です。

PR