なんとなくやる気がないのに、やる気を出すにはどうしたらいいの?
60views

なんとなくやる気がないのに、やる気を出すにはどうしたらいいの?

やる気を出す一番の方法は、やはり強い自分の意志が必要です。人はどうでもいいことや自分に関心がないことに対しては、やる気は出てきません。逆に自分の好きなことや、得意なことに関してはやる気を出すことができます。そこで、自分のやりたくないことでも、やる気を出す方法をお教えします。

やる気を出すにはどうしたらいいの?

こんな経験はありませんか?

 こんな経験はありませんか?

頑張ってやらなければならないことは、頭ではよくわかっているのに、なかなかやる気が出てこないということはありませんか?

たとえば、明日、締め切りがあるにも関わらず、イマイチやる気が出てこなかったり、テスト勉強をしなければならないのに、思わず、マンガを読んでしまったり、テレビを見てしまったという経験はありませんか?

やる気が出ない理由

やる気が出ない理由

やらなければならないのに、なんとなくやる気が出てこないのには理由があります。

自分が本気でやりたくないことだからなのです。よく考えてみると、自分の好きなことや、得意なこと、面白いと感じるものに対しては、自然とやる気を出すことができませんか?でも世の中には、勉強や仕事など、やりたくないけれど、やらなければならないことがたくさんあります。

そこで、ここでは自分のやりたくないことだけど、やる気を出す方法についてご紹介します。

やる気を出すには、目標を決めること!

やる気を出す簡単な方法は、まず最短時間で成し遂げることができる目標を決めることです。

たとえば、勉強であれば、30分だけ机に座って集中して行うなど、必ず自分で出来る目標を決めることです。タイマーを用意して短時間だけ集中するのであれば、達成しやすいのではないでしょうか。

重要度に合わせてリスト化する

重要度に合わせてリスト化する

やらなければならないことがたくさん溜まると、人はやる気をうしなってしまうものです。

そこで、すぐにやらなければならないことを優先順位ごとにリスト化させましょう。紙にまず大きくやるべきことをリスト化して書いていきます。書き終わったら、壁に張り、一番最初にやるべきことをじっと見つめましょう。

そして、目標時間を決めてゲーム感覚で集中して行えば、成し遂げやすくなります。

疲れている時には!

思い切り短時間のみ寝てみる

思い切り短時間のみ寝てみる

仕事が忙しく、残業続きで身体も精神的にも疲れているときには、なかなかやる気を出したくても、そう簡単に出るものではありません。

そこで、疲労続きの方にお勧めしたいのが、思い切り寝ることです。昼休みの休憩時間や、夜遅くまで、職場に残っているときなど、喫茶店などで思い切り5分か10分の短時間だけでよいので、思い切り寝てみてはいかがでしょうか。

ぼんやりとしていた頭も、そして心もリフレッシュすることができるので、やる気を出すことができます。

アロマの力を借りる方法も!

アロマの力を借りる方法も!

やる気が出ないときには、アロマの力も借りてみましょう。香りを嗅ぐことによって前向きな気持ちになり、やる気を出すことができます。

レモンの香り

レモンの香り

記憶力や集中力を増進させる効果があります。リフレッシュ効果もあるので、疲れているときにお勧めです。また物事を冷静に判断することができるので、大事な商談の前に香りを嗅ぐとよいでしょう。

ペパーミントの香り

ペパーミントの香り

眠気覚まし効果や、怒りを抑える効果もあります。デスクワーク中にやる気が出なくなったり、眠くなった時におすすめです。ガムもいいですね。

オレンジの香り

オレンジの香り

とにかく気分を明るくポジティブにさせてくれます。精神も穏やかにさせてくれる効果があります。

5分だけゲームをする

5分だけゲームをする

えっ!と思われるかもしれませんが、職場などで行き詰り、もうまったくやる気が出ない!という時は、トイレなどに籠って、試しに5分だけゲームをしましょう。

ゲームはテトリスのような簡単なものがよいでしょう。一時的に気分転換をすることができるので、気分がリフレッシュされるので、やる気を取り戻すことができます。

自分なりの方法を探そう

いろいろなやる気を出す方法をご紹介しましたが、これはほんの一部です。自分なりのやる気を出す方法を試したり、合わなければ探してみましょう。

PR