外食が多い方は進行しているかも!?腎臓病の予防法とは
181views

外食が多い方は進行しているかも!?腎臓病の予防法とは

腎臓病は遺伝的な要因よりも、生活習慣や食生活が大きく影響しています。腎臓は身体の健康を保つための重要な器官であるため、日頃から健康には気を使う必要があります。腎臓病の予防法は塩分を取り過ぎないことや、肥満にならないこと、高血圧にならないこと、タバコを吸わないこと、規則正しい生活を送ることです。

腎臓病は軽くかんがえてはいけません。

腎臓病は現代人がかかりやすい病気です

腎臓病は現代人がかかりやすい病気です
腎臓病は遺伝的要因の他にも生活習慣や食生活が要因となって引き起こされる場合があります。

特に現代人は、外食も多く、カップラーメンやインスタント食品、ファストフードなどの食事を頻繁に食べる機会も多いのではないでしょうか。こうした食事を続けることによって、知らず知らずのうちに腎臓病になっている場合があります。

自覚症状がないので、気がついた時は大変なことに

自覚症状がないので、気がついた時は大変なことに

腎臓病は、初期段階ではほとんど自覚症状がありません。

そのため、体調の変化に気が付いていた時には、腎臓病がかなり進行していて、取り返しのつかない状態になっている場合もあります。自分では、健康だとずっと思っていたら、ある日、健康診断で腎臓病になっていたことがわかるケースもあります。

腎臓病にはさまざまな症状があります

腎臓病には様々な症状があり、腎炎や腎不全、糖尿病腎症、腎臓結石などの病状があります。

症状が重い場合には、人工透析治療を行ったり、腎臓移植を行わなければならない場合もあります。腎臓病は軽く考えず、早期の段階でできるだけ症状に気が付き、病状を回復させていく必要があります。

腎臓病の機能とは

腎臓病の機能とは

腎臓の働きは、血液をろ過して、身体に不必要な物質や老廃物を体外へ排出させる効果があります。一日に150リットルの尿からから身体に必要な電解質部分を吸収し、身体の電解質濃度を一定化させる機能があります。また血圧を調整したり、人間の身体の調整を行うのが、腎臓なのです。

身体のむくみや尿の変化をチェック

自覚症状がないからこそ尿のチェックは大切です

自覚症状がないからこそ尿のチェックは大切です

腎臓病は自覚症状がほとんどありませんが、身体のむくみや尿の状態で、腎臓病にかかっているかどうかがわかります。尿が白く濁っていたり、血が混じっていたり、量が減ったり、増えたりしたり、夜中に何度もトイレに行くようになったときには、腎臓病になっている可能性があります。

身体のむくみチェック

身体のむくみチェック

腎臓病になると、身体がむくみやすくなります。むくみチェックは、手や足首を押してみて、へこんだまま皮膚が元の状態に戻るかどうかをチェックしてみましょう。皮膚の戻りが悪かったり、指輪や靴がきつくなったり、顔がむくんでいる場合には、腎臓の機能が低下している恐れがあるので、病院で見てもらう必要があります。

腎臓病の予防法とは?

太り過ぎに注意しましょう

太り過ぎに注意しましょう

腎臓病の予防法の一つとして、太り過ぎないことが挙げられます。太ると、腎臓にたくさんの血液が流れるため、腎臓に負担がかかります。食事制限の他にも、運動を行い体重管理をすることも必要です。

高血圧にならないようにしましょう

 高血圧にならないようにしましょう

高血圧になると、腎臓に負担をかけやすくなるため、高血圧気味の方は、しっかりと血圧の治療も行っていくことが大切です。

腎臓病の予防法で大切なのは禁煙です

腎臓病の予防法で大切なのは禁煙です

腎臓病の予防法でまず最初にやめていただきたいのがタバコです。タバコを吸うことにより血液が汚れ、血管も縮小し、血流も悪くなります。腎臓にもかなりの負担となるため、すぐにやめましょう。

ストレスをためずにたっぷりと睡眠をとりましょう

腎臓病には、ストレスのある生活や、睡眠不足の生活は絶対にNGです。腎臓病は、健康な生活を送ることで、十分に予防することができます。

PR