健康診断があなたを助ける!健康診断で発見されやすい病気とは??
65views

健康診断があなたを助ける!健康診断で発見されやすい病気とは??

健康診断は、現在、自治体などで定期的に行われています。健康診断で発見されやすい病気はいくつかありますが、早期に病気が見つかることが多いので、治療にも早く取りかかることができます。「健康診断なんてめんどくさい」と思っているそこのアナタ!1年に1回受けることで寿命が変わりますよ。

健康診断とは??

病気の早期発見と予防が目的!

健康診断は、特に自覚症状のない人が、自分の健康状態を知り、生活習慣を改めたり、隠れた病気を発見するために行うものです。健康診断には、職場や自治体で行わるもの多いので、企業などに勤めて、強制的に受ける状態でないと受けにくいかもしれませんが、健診の大切さをしっかりと理解して、どの方も1年に1回は受けるようにしましょう。

病気の早期発見と予防が目的!

一般的な検査項目は??

健診では、医師による診察はもちろん、血圧測定や尿検査、血液検査、肺機能検査、胸部X線検査、心電図検査、視力検査、眼底検査などが行われます。

血液検査では、総コレステロールや血糖、GOT,GPTなどを中心に色々な項目を調べ、また、尿検査では、尿糖や尿たんぱく、尿潜血反応などを調べます。

一般的な検査項目は??

健康診断で発見されやすい病気とは??

生活習慣病

健康診断で発見されやすい病気は、なんといっても生活習慣病です。生活習慣病とは、食生活や運動習慣、喫煙や飲酒、ストレスなどの生活習慣によって引き起こされる病気全般のことを言います。具体的には、がんや心臓病、脳卒中、糖尿病、高血圧、高脂血症、肥満などの病気があります。

これらの病気は、普段、ほとんど症状がなくても、ひどくなると最後は脳梗塞や心筋梗塞を引き起こします。生活習慣病を決して甘く見ずに、しっかりと予防するようにしましょう。

生活習慣病

低血圧、慢性胃炎なども見つかる!

生活習慣病以外に見つかりやすい病気は、低血圧や慢性胃炎、胃潰瘍、胆のうポリープ、貧血、子宮筋腫、不整脈なども発見されやすいです。

健康診断でなぜ病気がすぐに見つかるのか?

病気が見つかりやすいように組まれている!

日本の健康診断は、日本人がかかりやすい生活習慣病や死亡率が高い病気をできるだけ早く発見できるよう組まれているので、すぐに病気を見つけることができます。

病気が見つかりやすいように組まれている!

健康診断の結果の見方

隠れた病気がある場合

健康診断の結果に、「要再検査」や「要精密検査」と判定される項目があった場合は、重大な病気が隠れている可能性が考えられます。なるべく早く専門的な医療機関を受診して、診断や治療を受けるようにしましょう。

隠れた病気がある場合

 

生活習慣を予防するには

「要検査」や「要精密検査」の項目がなくても、毎年の健診結果を保管し、今回と前回の値を比べるようにしましょう。基準値の範囲内であっても、前回の結果と比べて大きく変化しているものは注意が必要です。

また、生活習慣病に関わる項目では、値が基準値の範囲を少し外れていても、「経過観察」と判定されることがあります。これは、「すぐに治療を始める必要はないが、注意が必要」という意味です。従って、このような場合は、予防のために、生活習慣を改めるようにしましょう。

生活習慣を予防するには

実際に健康診断を行うと、日本人の約3人に1人の割合で何らかの異常が見つかると言われています。このことからも、健康診断が病気の早期発見に役立っていることが分かります。

また、健康診断は、ただ単に病気を発見するだけでなく、あなたの健康生活そのものを支えるためにとても重要です。病気を早期に発見することももちろん大切ですが、生活習慣を改めるきっかけにもなるので、ぜひ年に1回は定期的に受けるようにしましょう。

PR