軽いタバコならいいんじゃない?1mgなら大丈夫だと思っていませんか?
93views

軽いタバコならいいんじゃない?1mgなら大丈夫だと思っていませんか?

1mgなら大丈夫だと軽いタバコを選んでいても、同じ銘柄のタバコであれば、重いタバコでも中身は同じです。軽いタバコと重いタバコの差は、タバコのフィルター加工に差があるだけでした。軽いタバコも吸い方や本数によって、重いタバコよりも害が大きくなります。

1mgなら大丈夫というのはマヤカシです

1mgなら大丈夫と思ってはいけません!

1mgなら大丈夫と思ってはいけません!

タバコの害を少しでも減らすために、1mgなら大丈夫だと思って軽めのタバコにしている方もいることでしょう。しかし結論からいえば、重いタバコも軽いタバコもタバコを吸っている限り同じだけのがんのリスクがあります。

軽いタバコの原理は紙のフィルターの加工のみでした

軽いタバコの原理は紙のフィルターの加工のみでした

1mgなら大丈夫だと思ってタール表記の軽いタバコを選んでいる方にとっては、ショックな情報があります。

それは、タバコの中にあるタバコの葉がタールが低いものが含まれているのではなく、フィルター部分がタールをたくさん吸いこまないように工夫してあるのです。フィルターには、通気口というものがついており、タバコや吸いやすくするためにたくさんの穴が開けられています。

軽いタバコの場合、この通気口から煙がたくさん出る仕組みになっているので、より身体の中にタバコの煙をあまり吸引させない仕組みになっています。フィルターの目を細かく密にすることによって、より吸い込みにくくなるため、身体の中に入るタール量が減るように出来ています。

軽いタール量のタバコと重いタール量のタバコでは、タバコの紙のフィルターの加工が違うだけだったのです。

さらにショッキングな情報が!

さらにショッキングな情報が!

愛煙家の方にとってショッキングな情報があります。

それは、同じ銘柄のタバコでタールが低いものと重いものでは、なんと同じ種類のタバコの葉が入っているのです。消費者側からすれば、当然、中に詰められているタバコはタール量が軽い物と重い物では、違うものが入っていると思っている方も多いことでしょう。しかし、実際には同じものが含まれており、フィルターのみでタール量を調整していたのです。

軽いタバコの落とし穴

重いタバコよりも軽い方が有害になってしまうことも

重いタバコよりも軽い方が有害になってしまうことも

1mgなら大丈夫だと思い、軽いタバコを吸い続けていると、重いタバコよりもタバコの害をよりたくさん受けている場合もあります。いつもより本数をたくさん吸ってしまったり、軽いタバコの方が煙を吸い込みにくいため、タバコのフィルターを噛んでしまったり、根元までタバコを吸ってしまうと、タールを身体にたくさん取り込んでしまう結果になってしまうのです。

根元まで吸うと何故悪いのか?

根元まで吸うと何故悪いのか?

ところで、タバコを根元まで吸うと何故身体に悪いのかご存じでしょうか。タバコの値段も高いし、もったいない根性でついつい根元まで吸ってしまう方もいるかもしれません。

実はこの根元部分には、タバコの有害物質が最も溜まってしまう場所でもあるのです。煙の通り道であるため、タバコが短くなればなるほど、有害物質が根元に溜まっていくため、せっかく1mgなら大丈夫と軽いタバコを選んでも、タール濃度の重いタバコよりも、害が大きくなってしまうという結果になってしまうのです。

結局のところガンのリスクは同じです

有害物質は同じです

一見すると、軽いタバコの方がガンのリスクは減るのではないか、身体への影響もそれほどではないと思いたいところですが、残念ながら違います。煙から出る有害物質の量は、ほとんど同じであるため、ガンのリスクは同じなのです。

身体のためには潔く禁煙!

軽いタバコを吸っていても、結局のところ身体にはよくない行為です。潔く禁煙するのが一番です。ガンのリスクが高まるばかりか、さまざまな病気を引き起こす要因ともなります。病院での禁煙外来も保険で出来る時代です。この際、きっぱりと禁煙してみてはいかがでしょうか。

PR