低血圧は改善できるの?血圧を上げる方法について
325views

低血圧は改善できるの?血圧を上げる方法について

高血圧はよく聞きますよね。高血圧で大きな病気になってしまった。などの話は聞いたことありますが、低血圧ってあまりなじみがありません。高いより、低いほうがいいのでは?とお思いがちですが、実は違います。そこで低血圧の原因、血圧を上げる方法、予防はできるのかを見ていきたいと思います。

低血圧は改善できる?血圧を上げる方法とは

低血圧の人は、無理にお薬を飲んで血圧を高くすることはありません

低血圧の人は、無理にお薬を飲んで血圧を高くすることはありません。規則正しい生活で自律神経が整い、十分血圧を通常の数値まで上げることができます。つまり、日常生活から改善する。ということです。

無理なダイエットをしていませんか?過激なダイエットにより低血圧になることもあります。

痩せるために食事を抜くようなダイエット方法は避けてください。朝食は必ず摂るようにして、少しの量で構わないので三食摂るようにしてください。そうすることにより、生活のリズムを作りやすくなるのです。

796deda9987b6f26d0a2217b1287f662_s 緑茶 紅茶 茶葉

低血圧に良いとされている食べ物を紹介します。

イワシの丸干し、かぼちゃの種、ココナッツ、生姜などです。イワシの丸干しは食べにくかったりしますが、かぼちゃの種は、お菓子に使われていたり、お菓子の材料の売っているお店で手に入ります。

また、お茶・紅茶・コーヒーなどカフェインが入った飲み物は血圧を上げてくれる効果があると言われています。ジュースではなく、日ごろからお茶を飲んでいたいですね。

また、タバコは急激に血管を収縮させて血流を悪くするので、控えることが改善になります。

お酒は、血行を良くしてくれると思っている方も多いかと思いますが、実はそれは間違い。実際は血管を拡張させて、血圧を下げる効果があるのです。血圧の方は通常より血圧を低下させてしまうので逆効果なのです。

その他には軽い運動がいいでしょう。散歩やストレッチなどの短時間でできる運動や、水泳などの足を使う運動は下半身の筋肉を鍛えられるので、血流が良くなります。ご自身の生活を改善することにより、血圧も改善できるのです。

低血圧の症状って?低血圧の数値は?

低血圧の症状はさまざま

低血圧の症状は、頭痛・めまい・立ちくらみ・肩こり・動悸・息切れ・朝起きるのがつらい・不眠・倦怠感・吐き気・食欲不振・疲れ・冷えといった症状がみられます。

ですが、軽いうつ病や自律神経失調症などの病気にも当てはまる症状があるため、誤った診断を受けることもあります。低血圧が見落とされてしまうケースもあるのです。低血圧の数値は、上の血圧が100mmHg未満の場合です。

また、低血圧と貧血が一緒になってしまっている人がいますが、これらは全くの別物です。貧血は、酸素を運ぶ赤血球、もしくは赤血球の中で酸素と結合するヘモグロビンが少ない状態のことを言います。若い女性に多い貧血。これは鉄分が不足していくことが原因であることが多いです。

そして、低血圧は、文字通りです。血圧が低いことを言います。体中に血液を送るための圧力が弱くなっているために起こる状態です。

低血圧をそのままにしておかないで

医師に相談してくださいね

低血圧が怖いのは、「血圧が低い」ということよりも、いきなり失神したりふらついたりする危険性があるということを知っておいてください。

電車を待っている時や信号待ちをしているなどの事故にあう危険性が高い所で失神してしまうと、近くに人がいない場合命にかかわる危険を伴っているからです。

自分が血圧が低いなと思った人は、少しでも気をつけるだけで危険度はかなり減少できます。血圧をあげてくれる飲み物を常に持ち歩くなど、お守りになるものを持って外出してください。それでも心配な方は、医師に相談してください。

PR