ちゃんと手袋をつけて洗っているのになんだか痒い!ゴムのアレルギーかも?
31views

ちゃんと手袋をつけて洗っているのになんだか痒い!ゴムのアレルギーかも?

炊事用手袋を使って、毎日洗いものをしているのに、なんだか最近手がかゆい!という症状はありませんか?もしかするとそれはゴムのアレルギー、ラテックスアレルギーの可能性があります。毎日ゴム手袋を使っている医療従事者や介護職、食品を扱う仕事をしている方がなりやすい傾向があります。

主婦湿疹の原因はゴムのアレルギーでした

炊事用の手袋を使っているのに湿疹が!?

ゴムのアレルギーの可能性が

Dish Washing / mille2k https://www.flickr.com/photos/kentmiller/5396033099/

炊事用の手袋を使用しているにも関わらず、最近湿疹が増えてきた、なんだか痒いと思うことはありませんか?

実は、それは主婦湿疹ではなく、ゴムのアレルギーの可能性があります。

ラテックスアレルギーとは

ラテックスアレルギーとは、ゴムのアレルギーのこと

ラテックスアレルギーとは、ゴムのアレルギーのことです。ゴムで出来た製品に触れることにより、アレルギー反応が出てしまいます。

湿疹や痒みが出る症状があります。くしゃみや、鼻水が出たり、まぶたが腫れたり、呼吸困難になることもあります。重度の場合、ショック性の発作が起こる場合もあります。

ゴムに触れる職業の人は要注意です

ゴムのアレルギーは医療従事者に多い傾向が

ラテックスアレルギーは医療従事者に多い傾向があります

ラテックスアレルギーは医療従事者に多い傾向があります。特に歯医者さんに多く発症しやすい傾向があります。また介護職やゴムを製造従事者にも発症者が多いのが実情です。

患者側も発症しやすくなります

病院の入院患者や手術数の多い患者もゴム製品に接触する機会が多いため、ゴムのアレルギーになってしまう確率が高くなります。

たとえば、ゴム製のカテーテルや、医療従事者のゴム手袋が患部に触れることによって、アレルギーと接触する機会が高まるため、発症しやすくなるのです。

ゴム製品は身近なところにも!

乳幼児にもゴムのアレルギーの危険があります!

乳幼児にもゴムのアレルギーの危険が

乳幼児もゴム製品に触れる機会がたくさんあるので、注意する必要があります。

たとえば、風船や、おしゃぶり、ゴム製品のおもちゃなどがあります。哺乳びん用の乳首はあらかじめゴムの成分が溶けないように製造されているため安全だとされています。

おむつもゴムが使用されているので、注意が必要です。おむつが濡れていると、ゴムの成分が流出しやすいので、濡れたらこまめに替えることも大切です。

またガムはゴムで出来ているため、乳幼児のおやつとして与えないようにしましょう。

ゴムのアレルギーだと特定の果物で反応が出ることも

果物にも注意が必要です

果物にも注意が必要

ラテックスアレルギーだと、特定の果物でアレルギー反応が出ることがあります。

バナナやキウイ、アボカド、イチジク、メロン、トマトなどでアレルギー反応が出ます。ラテックスアレルギーであることが解ったら、こうした果物は避けるようにした方が無難です。

ラテックスアレルギーだった場合の対策方法

Blue Nitrile Exam Gloves gvsu family health center

Blue Nitrile Exam Gloves gvsu family health center / stevendepolo https://www.flickr.com/photos/stevendepolo/18681318123/

ラテックスアレルギーであることが分かった場合には、できるだけ原因となるゴム製品に近寄らないように、触れないようにする必要があります。

医療従事者の場合、アレルギー専用の医療用の手袋があります。また避妊具もゴムを使用しないアレルギー専用のものがあるので、そちらを使用しましょう。

運動靴も底にゴムが使用されているので、靴を履くときは、必ず靴下を履いたり、さらに靴の中に中敷をもう一枚重ねることで、ゴムから身を守ることができます。

ばんそうこうや包帯などは、ラテックスアレルギー専用のものを使用しましょう。汗をかいたりしたら、衣類にゴムが使用されていることもあるため、できるだけ濡れた服から乾いた服へ着替える必要があります。

ラテックスアレルギーがあっても、日常生活の中でこうした細かな点に気を配れば、快適に過ごすことができます。

PR