コンドームでアレルギーって出るの?性感染症を予防する方法は?
338views

コンドームでアレルギーって出るの?性感染症を予防する方法は?

コンドームでアレルギーが出ることはあるのでしょうか?コンドームはほとんどの素材がラテックスというゴムで作られています。コンドームを使ってぜんそくや蕁麻疹などが出た場合は、ラテックスアレルギーの可能性があるため注意が必要です。

コンドームでアレルギーって起こるの?

コンドームでアレルギーが出た方は、コンドームの素材が原因となっていることが多いようです。

コンドームの素材で一番多いのがラテックスというゴム製のものです。ラテックスアレルギーについてご紹介しましょう。

ラテックスアレルギーとは?

ラテックスアレルギーはラテックスに触れることによって、喘息やじんましんなどのアレルギーが出ることを言います

Rubber Tree / Ken Doerr https://www.flickr.com/photos/kendoerr/6958437506/

ラテックスアレルギーは、ゴム風船や医療用のうすい手袋、コンドームなどに触れることによって、喘息やじんましんなどのアレルギーが出ることを言います。

コンドームの素材として多いのがラテックスのため、コンドームでアレルギー反応が出ることもあります。

また、バナナやアボカドを食べるとアレルギーが出る方は、ゴム製品にもアレルギーを示すことが多いです。なぜなら、これらの食品には、ラテックスタンパクが含まれているからです。

ラテックスアレルギーの症状は?

ラテックスアレルギーになると、じんましんや水泡ができたりします

latex glove / peretzpup https://www.flickr.com/photos/peretzpup/2365883440/

ラテックスアレルギーになると、じんましんや水泡ができたりします。手袋をしている場合は、手に水膨れができ、それが全身に広まってしまうこともあります。

症状が軽い場合は、そのままにしておいても自然に治りますが、重たい場合はアナフィラキシーショックを起こしてしまい、最悪の場合は死に至ってしまいます。

近年、医療用の手袋が原因で、ラテックスアレルギーを起こす医師や看護婦などの医療従事者が多いようです。

ラテックスアレルギーに掛かってしまったら、毎日の生活でゴムやゴム製品について触れないことが大切です。

ラテックスアレルギーの検査は?

血液検査や皮膚検査が行われます

ラテックスアレルギーを治療するためには、ラテックスを使わないことが大切です。

ラテックスアレルギーかどうかを調べるときには、血液検査や皮膚検査が行われます。血液検査で陽性だった場合は、生理食塩水が入った試験管にゴム手袋を小さく刻んで入れ、ひたしたものを肌につけます。皮膚検査で陽性の場合は、皮膚につけて小さな針で穴をあけるブリックテストを行います。

ラテックスアレルギーの治療法は?

現段階では特別な治療法がありません

ラテックスアレルギーの場合、現段階では特別な治療法がありません。

そのため、ラテックス製のゴム製品を避け、触れないことが大切です。

また、バナナやアボカドなどのアレルギーがある方は、ラテックスアレルギーの可能性が高いため、ゴム製品に触れないことが大切です。

ラテックスアレルギーの方の避妊法

コンドームは、ラテックス以外にも、ほかの材質で作られているものがあります

コンドームのラテックス素材が原因でアレルギーを起こしている方は、どのような方法で避妊をすればよいのでしょうか?

コンドームは、ラテックス以外にも、ほかの材質で作られているものがあります。水系のポリウレタン製のものや、羊の腸から作られているラウスキン製のものです。

【ポリウレタン製のコンドーム】

ポリウレタン製のコンドームは、ラテックス製と比較して強度が強く、0.01ミリのものも売られています。ただ、ラテックスに比べて柔軟性は劣るようです。

【ラムスキン製のコンドーム】

アメリカのメーカーTrojanは、ラムスキンのコンドームを販売しています。海外輸入の通販サイトなどで購入することが可能です。ラムスキン製のコンドームは、性感染症の予防にはあまり適していないと言われているため、使用時には注意が必要です。

PR