腫瘍マーカーでがんの有無の確定診断はできないの?
45views

腫瘍マーカーでがんの有無の確定診断はできないの?

腫瘍マーカーというと、がんの検査の一つであると認識している人が多いことでしょう。しかし、腫瘍マーカーでがんの有無の確定診断はできないといいます。また、腫瘍マーカーの数値が高くてもがんではないこともあるといいます。腫瘍マーカーとは、どのようなときに受ける検査なのでしょうか?

腫瘍マーカーの数値が表していること

そもそも腫瘍マーカーとは?

腫瘍というのは、身体の中の細胞が異常な分裂を起こして、しこりができるものですが、このしこりには良性のものと悪性のものがあり、悪性のものがいわゆる「がん」です。

身体の中にできた腫瘍は、健康なときにはなかった特殊な物質を腫瘍の周りに大量に作り出し、それらは血液中に分泌されるようになります。

これが腫瘍マーカーと呼ばれるもので、腫瘍マーカーが分泌されているかどうかの検査は、血液を採取することで行うことができます。

腫瘍マーカーが分泌されているかどうかの検査は、血液を採取することで行える

腫瘍マーカーでがんの有無は確定できない

採取した血液の中の腫瘍マーカーの量や種類を調べることは、腫瘍の有無を知る手掛かりになります。

一般的に腫瘍マーカーは、がんが大きくなるとその量が増えるものですが、早期のがんでは腫瘍マーカーで高い数値が出ないことが多く、また、がん細胞がなくても良性の腫瘍や他の病気、喫煙の影響などで高い数値が出ることもあります。

腫瘍マーカーの検査が行われるのは、がんのスクリーニング検査や、がんの治療を行っている際に、継続的に腫瘍マーカーの検査をを行うことで、治療の効果や、がんの再発がないかどうかを調べる場合が多くなっています。

健康診断で腫瘍マーカー検査を受ける?

腫瘍マーカー検査を受けるメリット

健康診断や人間ドッグを受診する際に、オプションとして腫瘍マーカーの検査を加えるように勧められることがありますが、これは受けた方がいいのでしょうか?

腫瘍マーカーの検査を受けることには、メリットもデメリットもありますから、良く考えて判断するようにしたいものです。

腫瘍マーカー検査を受けるメリットと言えば、他の検査では発見することができないがんの存在を見つけることができる可能性があるということです。

がんの治療はできるだけ早期に始めることが大切であるのは、いうまでもありませんから、もしこの検査でがんを発見できるようなことがあれば、メリットといえるでしょう。

腫瘍マーカー検査を受けるメリットとは?

腫瘍マーカー検査を受けるデメリット

しかし、健康診断や人間ドッグのオプションとして用意されている腫瘍マーカーの検査は、デメリットも多いので受けなくてもよいと考える医師も少なくありません。

腫瘍マーカー検査を受けるデメリットは、なんといっても、早期がんでは高い数値は出ないために、がんの早期発見にはほとんどつながらないということでしょう。

また、がん以外の病気や、喫煙の影響などでも数値が高くなることがあること、高い数値が出た場合は、確定診断を行う必要があり、さらに腫瘍マーカーでは高い数値の原因となる臓器を特定することが難しいために、全身くまなく再検査を重ねる必要がでてくること、がんを疑われている期間は、がんの恐怖におびえて精神的に追い詰められること、などが挙げられます。

また費用面でも、治療でなく健康診断のための腫瘍マーカー検査の費用は、保険がきかないために高額になることなどが挙げられます。健康診断や人間ドッグのオプションで腫瘍マーカー検査を受けて、がんが発見されることもありますが、ほとんどの場合は、進行がんです。

がんの有無を調べるために、オプション検査を受けるのであれば、内視鏡の検査や超音波検査などを加える方がいいでしょう。

腫瘍マーカーの検査は、デメリットも多いので受けなくてもよいと考える医師も少なくありません

PR