梅雨のカビに注意!掃除好きの主婦が危ない?
149views

梅雨のカビに注意!掃除好きの主婦が危ない?

梅雨のカビに注意したいのは分かっていると思いますが、じつは体にもさまざまな影響を及ぼすのです。カビを掃除する際の注意点や、家の中でカビが発生するポイント別の対策、カビによる体調不良について紹介します。

現代の気密性の高い住宅は、とても快適です。
そう、カビにとっても!

特にじめじめした梅雨のカビには注意したいものです。
今回は、梅雨のカビに注意する方法やカビの体への影響、家の中のカビ対策について紹介していきます。

梅雨のカビには注意したい

家中にかんたんに拡散するカビ

梅雨のシーズンは何かと気分が沈みがち。
しかも湿気のせいでカビの発生が気になります。

このカビは菌類なので菌糸と胞子からなり、菌糸が成熟すると刺激で胞子をばあーっと放出します。胞子が放出されると、ちょっとした人間の動きや空気の流れに乗って、どこまでも運ばれていきます。

家中に飛び交っていると言っても過言ではありません。

一口にカビと言っても種類はさまざまで、代表的なものが黒い斑点の黒カビ、水まわりでよく見かける赤カビ、食品に発生する青カビなどがあります。

家の中はカビの大好物だらけ

カビの好物は、人間の垢などたんぱく質や脂分、繊維、木、ホコリなど家の中にあるもの何でもなので厄介です。

また、湿度や温度もカビの生育には影響します。湿度は65〜70%、温度は25~30度を好むと言われています。

洗濯物やエアコンからカビ臭さを感じたことがあるかもしれませんが、まさに臭いの原因はカビそのものです。

家の中でそんなカビ臭さを感じる注意しておきたい場所は、お風呂など水まわり、洗濯機、玄関、押し入れなどだと思います。
そこで、カビの発生ポイント別に対策をとるのがおすすめ!

家の中はカビの大好物だらけ

カビの発生ポイント別の対策

洗濯機には市販の洗濯槽クリーナーを定期的に使うようにしましょう。
脱水が終わった洗濯機のふたは解放しておきましょう。
部屋干しは、湿度を吸着するような寝室を避け、除湿機を活用しましょう。
風が当てられるタイプであれば、風で下から洗濯物を乾かすようにすると良いです。

お風呂場は、できるなら換気扇をずっと付けっぱなしにしたいです。
カビはなんでも栄養にしてしまうので、石鹸カスはキレイに清掃しましょう。
ただシャワーで水をかけるだけという人もいるかもしれませんが、それではかえってカビの胞子に刺激を与えてしまいます。

寝室のジメジメは気持ち悪いですよね。
朝起きたら、使った掛け布団は空気の逃げ道をつくってあげましょう。
しっかり畳んでしまうと湿気を閉じめたままにしてしまいます。
敷き布団なども一緒で、布団類には「空気の逃げ道を作る」がキーワードです。

そう、湿気を溜めないことが重要です。
お出かけの際に、水まわりなどのドアやシンクなどの扉、クローゼットや押し入れの扉を開けて外出するのもおすすめです。

湿気を溜めないことが重要

カビによる体調不調とは?

カビが原因で体に不調をきたすこともあるので覚えておくと良いでしょう。
カビはアレルギーを引き起こすアレルゲンになります。

カビの胞子に反応して、花粉やダニのようなアレルギー症状がでてしまうことがあります。

家の中だけくしゃみや鼻水といったアレルギー反応が出るという時には、このカビやハウスダストが疑われますので検査をしてみましょう。
アレルギー性鼻炎や、咳やのどにくる場合はアレルギー性咽喉頭炎やアレルギー性気管支喘息が疑われます。

掃除をする女性はカビにご用心!

また、目のかゆみや目やになどの結膜炎になることもありますし、

最近では家の掃除をする主婦の間で、アレルギー性気管支肺アスペルギルス症というカビを吸い込むことによって起こる呼吸器の疾患も注目されています。

他にも夏型過敏性肺炎など悪化させると呼吸不全を起こす危険があるような影響もあるのでカビは侮れないのです。
そう、家の掃除をする女性はカビの危険に常にさらされているわけですね。

さまざまなカビ対策グッズなどを上手に活用して、掃除の際はマスクや換気といった手間を惜しまないことも大切です。

PR