PM2.5とは?発生源は中国だけではない、身近な●●でも?
79views

PM2.5とは?発生源は中国だけではない、身近な●●でも?

ニュースや天気予報でよく耳にしても、内容まで知らない人が大半なPM2.5。PM2.5とは、ある条件を満たした大気汚染物質の総称で、中国からの季節風だけではなく、私達の身の回りからも発生しているのです。PM2.5の定義や身体への影響、発生源、対策などをまとめました。

最近ニュースや天気予報で騒がれてるPM2.5

PM2.5とは?

近年ニュースや天気予報で濃度が高いとか低いとかしきりに報道されているPM2.5ですが、内容は意外と知らない人が大多数です。
「身体に悪いらしい?」
「中国から来るの?」
ぼんやりとしか知らないPM2.5をこの機会にわかりやすく解説します。

PM2.5とは

そもそもPM2.5という名前はどこから来て、何故身体に悪いのでしょうか。
まず、PM2.5とは、大気中に含まれる微粒子のことで、直径が2.5μm以下のものを指します。大気汚染は過去にも社会問題になりましたし、今でも世界的な環境汚染のひとつです。

2.5μm以下の微粒子が問題になる理由

2.5μm以下の空気中の物質が近年環境汚染として大きくとり上げられている理由は2つあります。

小さいため、人体への影響が大きいから

PM2.5は2.5μm以下の微粒子です。この小ささになると、微粒子は直接肺胞に入り込んだり、呼吸器に沈着してしまいます。
このため、気管支喘息や鼻炎などの呼吸器疾患の原因となります。また、肺がんとの関連性も示唆されていますし、心臓等の循環器やアレルギー性疾患に悪影響を及ぼすと言う調査報告もあります。

小さいから遠くへ運ばれる

大気汚染でも、粒子の大きい煤煙や粉塵は空気中に長くとどまらず数時間以内に落下します。2.5μm以下のPM2.5は小さいために空中に長くとどまり、風に運ばれて上空に舞い上がり国境や海を越えて大気を汚染します。
中国のPM2.5が日本の大気汚染を引き起こすと言うニュースを聞いたことはありませんか。北京や天津は世界的にPM2.5の濃度が最も高い地域ですが、季節風に乗って日本の大気を汚すことがあるのです。

PM2.5の原因

PM2.5の発生源は、工場などの煤煙や自動車や飛行機などの排気ガス、家庭での調理や暖房、火山の噴火など物が燃えるところすべて

PM2.5の発生源は、工場などの煤煙や自動車や飛行機などの排気ガス、家庭での調理や暖房、火山の噴火など物が燃えるところすべてです。燃焼物質が大気中で反応し、粒子が細かくなってPM2.5が発生します。
見落としがちなところでは喫煙も挙げられます。喫煙者の側にいると、中国の大気汚染以上の数百µg/m3もの高濃度のPM2.5を吸うことになります。

PM2.5の成分

PM2.5の成分は約25%を炭素が占めています。他にイオン化したアンモニウムや流産、硝酸が多くを占め、金属も少々含まれています。成分的には物の燃えカスといったところです。
呼吸器に沈着して悪さをする主成分が炭素です。炭素は水に溶けず、いったん付着すると取れにくく呼吸器系の病気の原因となります。

気をつけたい季節は?

PM2.5の濃度が高い季節は春

PM2.5の濃度が高い季節は春です。3月から5月が最も濃度が高くなり、8月から12月は比較的濃度の低い時期です。といっても、濃度の低い時期と濃度の高い時期は1.5~2倍程度しか差がありませんから春以外も気をつけましょう。
春は注意の必要な季節です。PM2.5に加え、スギ花粉や中国からの黄砂など、大気中に汚染物質が多いのです。

どうやってPM2.5に気をつけるの?

まず気象予報や都道府県のサイトを確認して、PM2.5の濃度を掴んでおきましょう。濃度が高い日は不要な外出を避けたり、野外での深呼吸を伴う運動を避ける、また、マスクを利用するのも良い対策法です。

PR