次々と来る案内に大パニックのママ必見!予防接種とはいったい何??
36views

次々と来る案内に大パニックのママ必見!予防接種とはいったい何??

赤ちゃんが生まれると次から次へと予防接種の案内が来ます。また、今まで予防接種を受けてきた人でも、詳しく予防接種のことを知らないと言う人も多いのではないでしょうか。ここでは、予防接種とは何かを詳しく、分かりやすく解説します。体に関する大切なことなので、ぜひ知っておいてくださいね。

予防接種とは何??

病気にかかりにくくするためのもの

予防接種とは、毒素を弱めたウィルスや細菌などの病原体や毒素を、前もって投与しておくことによって、その病気にかかりにくくすることを言います。ちなみに、投与するものをワクチンと呼びます。

予防接種とは、毒素を弱めたウィルスや細菌などの病原体や毒素を、前もって投与しておくことによって、その病気にかかりにくくすること

ワクチンの種類

ワクチンは、製法の違いによって3種類に分けられます。

一つ目は、生きた細菌やウイルスを繰り返し培養し、病原性が弱くなったものを選んで作った生ワクチンです。麻疹、風疹、おたふくかぜや水痘のワクチンがそれにあたります。
二つ目は、細菌やウイルスをホルマリン処理などによって、毒性を弱くさせた不活性ワクチンです。百日咳や日本脳炎、インフルエンザなどがここに分類されます。
3つ目は、細菌が作る毒素をホルマリン処理などによって弱めたトキソイドです。ジフテリアや破傷風のワクチンがこれにあたります。

予防接種ってたくさんありますよね

ワクチンの中には、あらかじめ2種類以上のワクチンを混合したものもあります。接種が推奨されているので、きちんと受けてくださいね。

定期接種と任意接種

定期接種は条件を満たせば無料

定期接種は、予防接種法という法律で接種することが推奨されているワクチンのことを言います。現在は、BCGワクチンやDPTワクチン、DTワクチン、不活性ポリオワクチンや高齢者インフルエンザのワクチンなどの10種類が定期接種にあたりますが、年々変更があるので医療機関などに問い合わせましょう。
また、これらのワクチンは、決まった年齢内に、決まった回数を、決まった間隔で、決まった場所で受けると無料になります。また、高齢者インフルエンザワクチンは、決まった時期に受けると無料になることが多いです。

定期接種は、ある年齢のある時期に達すると、自治体から案内が送られてきたり、連絡が来ます

定期接種は、ある年齢のある時期に達すると、自治体から案内が送られてきたり、連絡が来ます。案内を見逃すことなく、きちんと受けるようにしましょうね。

任意接種は自己選択

定期接種以外の予防接種は、任意接種となり、自分で受けるかどうか選択できます。摂取費用は医療機関によって違いますが、摂取できる年齢や回数、摂取量はワクチンによって決まっています。

任意接種の予防接種を受ける時は、予め医療機関に接種できるかどうか確認をすると良いですね

任意接種の予防接種を受ける時は、予め医療機関に接種できるかどうか確認をすると良いですね。

予防接種後は副反応が現れることも!!

予防接種は、重症化する可能性のある病気を予め予防する有効な手段ですが、予防接種の後に、熱が出たり、機嫌が悪くなったり、しこりができたりすることがあります。このような症状を副反応と言います。ほとんどの場合、2~3日で消えてしまうのでそれほど問題はありません。
しかし、この副反応を「とてもこわいもの」とか「副反応があるので予防接種を受けない」と思う方もいるようです。しかし、副反応は、本当にかかったリスクに比べればとても軽いものなので、怖がらず予防接種を受けるようにしてくださいね。

もしも副反応が見られたら

予防接種を受けた後、副反応が見られたら接種した医師に相談してくださいね。また、定期予防接種の副反応で医療費が必要な場合などは、国がその被害を救済してくれます。任意接種の場合も、薬剤による副作用と同じ扱いになり、医薬品医療機器連合という組織により救済されますよ。

PR