なかなか自分の匂いはわからない!ワキガ体質のチェック方法とは
124views

なかなか自分の匂いはわからない!ワキガ体質のチェック方法とは

ワキガは独特の酸っぱい匂いがします。ワキガ体質かどうかは自分では気づくことができません。そこで、自分でできるワキガ体質のチェック方法をご紹介します。耳垢の状態や汗をかいた部分にシミが出来ているかどうか、体毛の多さなどで、チェックすることができます。

ワキガ体質かどうか自分では気づきにくい!

ワキガは独特の匂いがあります

ワキガは独特の匂いがあります

ワキガは、汗の匂いとは違って、独特の鼻を突くような匂いがあります。またこの独特な匂いは、子供の頃にはないのですが、身体が成熟してくる中学生くらいから匂い始めます。アポクリン汗腺が第二次性徴期の時期に活発化されるためです。臭いの原因はこのアポクリン汗腺によるものなのですが、アポクリン汗腺は誰もが持つ汗腺でもあるのです。では、何故匂いの強い人と、全く匂わない人がいるのか、その理由は汗腺の数によって決まります。ワキガの匂いが強い人は、アポクリン汗腺の数が一般の人に比べて多く、汗腺一つ一つが大きいのが特徴なのです。

自分ではなかなか匂いに気づかないのが厄介なのです

自分ではなかなか匂いに気づかないのが厄介なのです

脇の匂いは、なかなか自分では匂っているかどうか気づくことができません。匂いが薄い場合や、自分の体臭に慣れてしまうため、なかなか自分で気づくことができません。また匂いの問題は、デリケートな部分であるため、人から指摘を受けることもあまりありません。そのため自分がワキガ体質かどうかチェックするのも難しいのではないでしょうか。

ワキガ体質のチェック方法がありました!

耳垢の状態を調べてみましょう

アポクリン汗腺は耳の穴の中にもあります。そこで、耳垢の状態を調べてみましょう。綿棒で耳垢を取り、耳垢を見てみましょう。耳垢が柔らかく湿っていたら、ワキガ体質の可能性があります。またワキガ体質の方だと、耳の中に生えている毛が太くしっかりしている傾向があります。

ワキの下に汗をかきやすいかどうか

ワキガ体質のチェック方法として、ワキの下の汗の量や汗の状態を調べてみましょう。汗の量が多い場合には、多汗症であり、ワキガ体質ではありません。汗の量は少ないが、汗に粘り気があると、ワキガ体質の可能性があります。また脇毛に白い粉のようなものが付着していた場合には、アポクリン腺から出た汗が白く残ったものであるため、ワキガである可能性がより高くなります。またシャツなど、脇の部分をチェックしてみましょう。黄ばんだ汗シミがついていた場合には、ワキガの可能性があります。

シャツなど、脇の部分をチェックしてみましょう

親はワキガかどうか

親のどちらか一方がワキガ体質である場合、ワキガは遺伝的要素が強いため、子供にも遺伝する可能性が高くなります。遺伝する可能性はおよそ3割です。

ワキガだった場合は

ワキガだった場合には、病院を受診して相談してみましょう。アポクリン汗腺の量も少なく、匂いの程度も軽い場合であれば、塗り薬や飲み薬を使用することで、ある程度匂いを抑えることができます。匂いが中程度であれば、脇の下にボトックス注射を打つことにより、アポクリン汗腺の働きを抑えることができます。この他にも、毛穴に針を刺し、電流を流すことによってアポクリン汗腺を破壊する治療で匂いを抑えることもできます。匂いの程度が重度であれば、脇の下にメスを入れ手術を行います。

病院を受診して相談してみましょう

ワキガ対策方法

自分で出来るワキガ対策法をご紹介します。まずワキガであった場合には、脇の下の無駄毛はなるべくすべて剃ってしまった方が、匂いを抑えることができます。また少しゆったりめのシャツにして空気が服の中に入るようにすると、匂いがこもりません。脇の下に汗をかいたときは、すぐに拭きとるようにしましょう。

PR