雪山で目が痛いのは何故?雪山で雪眼炎にならない為の基礎知識
54views

雪山で目が痛いのは何故?雪山で雪眼炎にならない為の基礎知識

ウィンタースポーツを楽しむために訪れるゲレンデは、思いもよらない落とし穴があります。雪山で目が痛いのは紫外線による目の炎症です。放置すると雪目になってしまうので注意が必要です。雪山では紫外線から目を守らなければいけません。雪目予防法と雪眼炎になった時の対処法についてご紹介します。

楽しいはずの冬のゲレンデで目の病の危険性

ゲレンデでは白い雪に反射した紫外線で目が日焼けをしてしまう危険性があります

雪山で目が痛いと思ったら目が真っ赤に充血していた、という経験のある人なら誰でもゲレンデでは必ずゴーグルを装用します。何故なら雪山では白い雪に反射した紫外線で目が日焼けをしてしまうからなのです。これを雪眼炎と言い、黒目の表面が日焼けして剥がれてしまうのです。

ゲレンデでスキーやスノボーを楽しんでいる時には気づかないことも多く、夜間に強い痛みに襲われ、目が開かなくなることもあるのです。ゲレンデではすぐに受診できる病院はなく、自分で処置する必要があります。雪山に行く予定がある場合は、その様な危険を回避すべく雪眼炎の予防法と治療法について知っておくことが望まれます。

雪眼炎の症状と自分で行う処置法

まずはしっかりとUVカットのサングラスやゴーグルを装用します

雪目の呼称で広く知られている雪眼炎ですが、原因ははっきりしています。夏に海で日焼けした時と同じことが角膜で起こっていると思って間違いありません。紫外線は皮膚の組織を傷つけダメージを与えます。都会にいてさえ紫外線対策が必要なのですから、雪山や海では更にしっかりとしたUV対策が必要なのです。

雪山でUV対策を怠った結果目が重篤なダメージを受け、せっかくの楽しいバカンスが台無しになりかねません。まずはしっかりとUVカットのサングラスやゴーグルを装用します。また、UVカットのコンタクトレンズも市販されているので、サングラスを付けるよりも視界が広がるため、もともと視力矯正でコンタクトをしている人にとってはベストな選択肢と言えます。

それでも完全に紫外線の脅威から逃れる事はできないため、時々室内に退避する事が重要です。サングラスやゴーグルを過信するのは危険です。紫外線カット率がレンズの歪みによって低い部分があるのです。紫外線の脅威は晴れている時に限りません。むしろ曇っている時の方が紫外線の乱反射があるため注意が必要なのです。

雪眼炎になってしまった場合、病院では麻酔を点眼してくれるので痛みは直ぐに治まり、抗生剤の塗り薬で処置をします。悪化した時には、ゲレンデで、しかも夜の場合等は病院を探すのは難しいでしょう。その場合は自分でできる処置を行います。まずは目を刺激しない様に。手で擦るなどは厳禁です。目を冷やして鎮痛剤を飲んで様子を見ることがベストです。

本当は危険な雪目

本当は危険な雪目

雪目を経験した方はご存じの通り、大抵は直ぐに収まります。そのためあまり危険視されていませんが、実際は紫外線による失明の危険性があるため注意が必要なのです。強い紫外線を長時間浴びた黒目が受けるダメージは相当なものです。最も多い眼病が紫外線角膜炎ですぐに自然治癒しますが、白内障や黄斑変性症を発症し失明する危険があります。

顔は日焼け止めで紫外線対策をしているのに、目が無対策では何にもなりません。一時の楽しみに興じて面倒なUVケアを怠ったために、視力を失うなどと言うことはあってはなりません。目の紫外線対策は雪山に限らず街でも必要な程なのです。

最近はオゾン層が薄くなり、より多くの紫外線が地上に注ぐ様になっています。昔に比べて紫外線が原因の皮膚癌も増加しているのです。紫外線に対して最も無防備な目を守る為の工夫が必要です。

PR