寒い時期ほど乾燥に注意!乾燥しないお湯の温度は?
48views

寒い時期ほど乾燥に注意!乾燥しないお湯の温度は?

寒くなり空気も乾燥しがち。そんなときはお肌も乾燥してしまいやすくなります。そして室内でもエアコンなどさらに空気を乾燥に導いてしまう環境となっているはず。そんなときはお風呂に入って潤いを!ではいったいお風呂での乾燥しないお湯の温度とは一体何度なのでしょうか?保湿の仕方と一緒にチェックしましょう!

必見!お肌が乾燥しないお湯の温度を知ろう!

ちょっとぬるめの温度「40度」がおすすめ!

ちょっとぬるめの温度「40度」がおすすめ!
ついつい寒い時期になるとお風呂の設定温度を上げがち。でもそれはお肌にとってはNGなのです。どうしてもアツイお湯だとお肌への負担が大きくなってしまい、刺激を与えてしまうことになります。それを避けるためにも”ちょっとぬるめ”が重要となってくるのです。ぬるめがいいからと下げてしまうと今度は身体が温まり切らなくなるので、そこは注意が必要ですよ!

湯船につかる時間は「10~15分」に!

湯船につかる時間は「10~15分」に!
お風呂が大好きな人はついつい長風呂になりがち。本や雑誌などをお風呂で読む人や今ではスマホなどをお風呂にもちこんでバスタイムを楽しんでいる方も多いと思いますが、これもお肌への影響を考えるとNG。ぜひとも入浴時間は10分から15分にするようにしましょう!長く入るとお肌の潤い成分がお湯へと流れでてしまいますよ!

お風呂の温度以外でもお肌のために注意したいこと!

ボディソープより固形石鹸を使うべし!

普段身体を洗う時には何を使っていますか?圧倒的にボディソープと答える人が多いのではないでしょうか?確かにボディソープは泡立ちがいいものが多く、香りも豊富!なおかつ”保湿”の効果が優れているといった商品がたくさん発売されているのも事実です。でもちょっと考えてみてください。その泡立ちがいいのってどうしてでしょうか?香りがいいのはどうしてでしょうか?そう、それにはやはり何かしら添加しているからこそのものだということなのです。

特に泡立ちについては”界面活性剤”が入っているからこそのもので、確かにこれによって泡立ちだけでなく洗浄効果もアップしているのですが、それで身体に必要な潤いも奪ってしまっているといっても過言ではないのです。

ボディソープより固形石鹸を使うべし!その点石鹸は界面活性剤の添加も少ないですし、無添加のものを選ぶことで肌に必要な潤いも洗い流すことも予防できるので、お肌の乾燥防止になるというわけなのです。

身体を洗う時には”手”を使うべし!

身体を洗う時には何を使っていますか?ナイロン製のタオルと使っている人はNGですよ!ナイロン製だと泡立ちもいいものが多いですし、こすると汚れが落ちている感じがしていい人も多いと思いますが、その分お肌を傷つけてしまっています。ですので、ぜひとも”手”を使って洗ってみてください。普段の体の汚れ程度のものであればその洗い方で十分!刺激も与えないのでオススメですよ!

身体・髪など洗う順番を考えるべし!

身体と髪の毛、あなたはどちらを先に洗うようにしていますか?髪の毛を最後に洗う人はNG!実は髪の毛を洗うシャンプーやリンス、トリートメントなどは髪の毛からはしっかりと余計なものを洗い流していると思いますが、身体に流れてきた部分にはシャンプーなどの成分が残ってしまっていることが多いのです。その残った成分によってお肌に余計な負担をかけてしまっていることが考えられます。

身体・髪など洗う順番を考えるべし!私自身も髪の毛を身体より後に洗っていた時代があったのですが、その時は背中の”にきび”に悩まされていました。ちょうど思春期だったこともありそのせいだと思っていたのですが、洗う順番を変えるだけでそのニキビはなくなったといった経験があります。それだけシャンプーなどの影響があったということなんですね~。

最後に

寒くなるとどうしても空気が乾燥しやすくなることもあり、お肌も乾燥しがちに!普段の生活を少しだけでも見直すとその”乾燥”から守ることができるはずですよ!

PR