耳掃除しないほうがいい理由とは?耳垢はそのままにしておくのが一番良い
434views

耳掃除しないほうがいい理由とは?耳垢はそのままにしておくのが一番良い

耳掃除しないほうがいいということを聞いたことがありませんか?綿棒を使っての耳掃除は、耳垢をとれにくくしてしまっていることをご存知でしょうか?毎日お風呂上りに綿棒をつかって耳掃除をしているあなたへ、耳掃除しないほうがいい理由についてご紹介しましょう。

耳垢はとらない方が良いの?

綿棒を使って、耳掃除しないほうがいいと言われています耳掃除をする道具には、綿棒や耳かき、ピンセットなどがありますが、自分で耳掃除をするときに使いやすいのは綿棒ではないでしょうか?ただ、綿棒を使って、耳掃除しないほうがいいと言われています。なぜそのように言われているのか、その理由についてご紹介しましょう。

耳掃除しないほうがいい理由【ウイルスを運ぶ】

耳掃除しないほうがいい理由として、真菌や細菌、ウイルスなどを運んでくることがあります。耳掃除をすることによって、そのようなばい菌が耳の奥へと追いやられてしまうのです。外耳には耳の外から侵入した真菌や細菌、ウイルスなどがこびりついています。耳掃除をすることによって、耳垢と一緒に耳の奥へとウイルスが入っていってしまいます。ウイルスが耳の奥へと運ばれることによって、痛みを起こしたり感染症に掛かったりしてしまいます。

耳掃除しないほうがいい理由【炎症を起こす】

綿棒を使って耳掃除をすると、耳垢をとるときに、耳の皮膚がこすれてしまいます。耳の皮膚がこすれることによって、ヒスタミンが出てきてしまい、刺激された皮膚が炎症を起こします。耳垢には、乾いた皮膚をうるおす働きがあるのですが、耳垢をとることで皮膚のうるおいがなくなり、さらにかゆみが増すことにつながってしまいます。耳掃除をすることで、かゆみの悪循環が起こるため、耳掃除しないほうがいいのです。

耳掃除しないほうがいい理由【自浄作用】

耳垢がたまってくると、自然に耳の外へ押し上げられていくということをご存知でしょうか?話をしたり運動をしたりすることによって、耳垢がエスカレーターのような感じで、耳の外へ押し上げられていくのです。耳にはこのような自浄作用があるにも関わらず、綿棒を使って耳垢を耳の奥へとおいやることによって、自浄作用が働かない部分に耳垢を押し込んでしまい、取れなくなってしまいます。

耳掃除は耳鼻科へGO↗

耳掃除をするときは病院へいくのが一番

耳掃除をするときは病院へいくのが一番自分で耳垢をそうじすると、マイナスなことがたくさんあることがわかりましたよね。では、耳掃除をするときはどのようにすればよいのでしょうか?耳掃除は専門の医師にお任せすることが一番です。耳垢をとるときには、耳鼻科に行くようにしましょう。

自分で耳掃除をすると、結果的に耳垢を耳の奥へと追いやってしまいます。耳鼻科での耳掃除は1回あたり10分から15分程度ですむので、耳の奥でカサカサと音がして気になったり、周りの音が聞き取りにくくなったら、耳鼻科を受診するようにしましょう。

子どもの耳掃除も耳鼻科へ

子どもの耳掃除も耳鼻科へなるべく耳垢がたまらないうちに耳鼻科を受診してとってもらう方が良いです。赤ちゃんの頃に一度耳鼻科を受診して、耳垢の状態をみてもらうと良いでしょう。あまりたまりすぎてしまうと、石のように耳垢が固まってしまうことがあるので、なるべく早めに耳鼻科へ行くことをおすすめします。

耳垢がつまることは、耳垢栓塞症という病気に掛かっているということです。耳垢栓塞症になるのには理由があって、間違った耳掃除をしてしまい、耳垢を耳の奥に押し込んでしまったせいです。小さな子どもの場合は、母親がお風呂上りに耳掃除をしてしまいがちですが、耳垢が気になったときには耳鼻科でとってもらうことが大切です。

PR