あなたの爪の切り方は合っていますか?正しい爪の切り方とは?
271views

あなたの爪の切り方は合っていますか?正しい爪の切り方とは?

女性なら綺麗な爪は憧れですね。ネイルをしていても、爪の形が悪ければ元も子もありません。基本は綺麗な爪の形。それには、きちんとした爪の切り方を知っておかなければなりません。あなたはきちんと正しい爪の切り方をご存知でしょうか?爪に関する基礎知識を爪の切り方を中心にまとめました。

あなたの爪の切り方は合っている?

形が綺麗だとネイルをしていても綺麗に見えます女性だと爪の形が綺麗だとうらやましいと感じませんか?形が綺麗だとネイルをしていても綺麗に見えますよね。ただし、この爪の形も爪の切り方で変わってくるかもしれません。そこで、今回は爪の切り方を中心に爪のケアについてまとめました。

正しい爪の切り方とは?

正しい爪の切り方は「スクエアオフ」の形あなたはどうやって爪を切っているでしょうか?結論から言うと、正しい爪の切り方は「スクエアオフ」の形です。つまり、爪の中の皮膚を見せない程度の長さを残しつつ、そこからまっすぐに爪を切ることが大切です。もちろん、そうすると角が鋭くなってしまい、皮膚を切ってしまったり、何かをひっかけてしまう恐れがありますので、その角の部分だけ少し丸みを持たせるようにカットすることで爪のカットはおしまいです。簡単に言うと、爪をスクエアに見せるようにカットすることが大切です。

爪の切り方が正しくないとどうなるの?

爪の切り方で間違っているのは、深爪であったり、爪の形を良く見せようとして、爪の両サイドを無理に切ってしまうことです。深爪で切ってしまうと、本来爪で隠れている指の先端の皮膚が露出してしまい、乾燥するために、本来の爪の再生に必要なその皮膚が硬くなってしまい、綺麗な爪が生成できないことがあります。また、もう一つが爪の両サイドを深くカットしてしまうバイアス切りです。このバイアスカットは、それによって爪の形が悪くなり、巻き爪になりやすくなってしまいます。足の爪は、形が悪く切ってしまうと、足の臭いの原因にもなると言われています。このように、たかが爪きりと侮っていてはいけませんね。

綺麗にスクエアオフにしよう

ではなぜスクエアオフが良いのでしょうか?それは、爪自体の形が崩れて巻き爪になったりすることがないことが一番の重要なポイントです。そうすることで、巻き爪だけでなく、深爪などで皮膚が露出する部分が少ないからです。実際にカットすると、もう少しカットしても?と思う方は多いのですが、そういう風に感じる部分くらの長さがちょうどよいのです。

爪に優しい道具を用意しよう

爪に優しい道具を用意しようプロの方が使っている爪きりを見てみると、基本的にやすりが多いと感じませんか?多くの方が利用しているパチンパチンと切る爪きり。実は、これは、爪に大きな負担がかかってしまっているのです。爪はもともと何層にも重なって出来ているため、この爪きりを使うと、爪がひび割れてしまい、2枚爪などのトラブルの原因になってしまいます。ですから、時間はかかりますが、本来ならやすりで丁寧に削っていくことが大切です。やすりはイヤだと言う方は、爪きりニッパーなど、出来れば高級の精度の良いものを使うようにしましょう。

基本のスクエアオフのやり方とは?

爪の白い部分を1mmほど残し、そのまままっすぐカットします。その後、両サイドを角を丸めるようにするか、あるいは指の形に沿ってやすりで削るようにしましょう。

綺麗な爪の切り方で綺麗な爪を育てましょう

綺麗な爪の切り方で綺麗な爪を育てましょう伸びてきたからとやみくもにカットするのではなく、きちんとした爪の切り方を覚えましょう。爪が綺麗だと手も綺麗に見えます。爪が綺麗だとネイルも綺麗に見えます。乾燥や足の臭いなどのトラブルも解消することができるので、基本をきちんと押さえることが大切ですよ。

PR