喉に詰まらない食べ方を紹介!喉に詰まりやすい食べ物とは?
1,017views

喉に詰まらない食べ方を紹介!喉に詰まりやすい食べ物とは?

喉に詰まらない食べ方をまとめました。これから冬になると、お餅を食べる機会が増えますよね。お餅は喉に詰まりやすいため、特に注意が必要な食べ物です。他にも喉に詰まりやすい食べ物はいくつかあります。喉に詰まりやすい食べ物を食べる時はどんなことに注意すれば良いのでしょうか?

喉に物が詰まることは珍しいことではない

子供や高齢者に多い理由

高齢者は物を喉に詰まらせやすいと言われています。年齢を重ねると飲み込む力が弱くなるうえ、口の中の唾液の分泌量も減少します。また、歯が抜けている場合固いものを噛み切ることができません。このようなことから喉に物が詰まりやすくなるのです。
子供や高齢者に多い理由高齢者だけでなく子供も物を喉に詰まらせやすいと言えるでしょう。特に、まだ歯が生えていない子供は注意が必要です。子供は食べ物はもちろん、おもちゃなど何でも口に入れる傾向があります。そのため、食事の時だけでなく普段から物を喉に詰まらせないように注意しなければなりません。

喉に詰まりやすい食べ物

喉に詰まりやすい食べ物喉に詰まりやすい食べ物の代表とも言えるのがお餅です。物を喉に詰まらせて救急搬送される人が特に多いのが12月から1月にかけてです。このことからも、お正月に食べるお餅が原因になっていることが分かります。お餅と同様に、ご飯も注意が必要な食べ物に含まれます。このような粘り気のある食べ物は十分注意したいですね。

他にも、なかなか噛み切れない食べ物も注意が必要です。例えば、イカやタコのお刺身、海苔、セロリや青菜などの繊維が多い野菜類です。これらの食べ物は歯がない高齢者や子供にとって食べるのが困難とも言えます。また、口の中の水分を吸ってしまうパンやクッキーも喉に詰まりやすい食べ物です。特に高齢者は唾液の分泌量が少ないため、喉に詰まらせやすくなります。

喉に詰まらない食べ方の工夫

子供が食事する際の注意点

子供の場合、正しい姿勢で食事をすることが重要です。立ったままや寝たまま、歩きながら物を食べると喉に詰まりやすくなってしまいます。また、会話をしながらの食事やテレビを観ながらの食事、ゲームをしながらの食事にも注意が必要です。食事の際には食事に集中させることが効果的な予防法になります。

注意したいのが、2月の節分に行われる豆まき子供が喉に詰まらせないよう注意したいのが、2月の節分に行われる豆まきです。大人からすると小さな豆が喉に詰まることは考えられませんが、子供が喉に豆を詰まらせる事件は実際に多く発生しています。そのため、小さいうちは豆類を食べさせないことが重要と言えるでしょう。また、豆を放り上げて食べることのないように注意しましょう。

高齢者が食事する際の注意点

高齢者が食事する際の注意点高齢者の場合、喉に詰まりやすい食べ物を食べやすくして提供することが大切です。例えば、お餅やこんにゃくなどは一口大に切る、ご飯やパンはお粥にするなどです。このように食べやすくすることで喉に詰まるのを予防することができます。

前述したように唾液の分泌量が減ることから、食事中はこまめに水分を摂りましょう。喉を湿らせながら食事することで物が喉に詰まりにくくなります。ただし、水分とは言ってもお酒は控えるべきです。お酒は飲み込む力を低下させてしまいます。また、食事はよく噛んでゆっくりと食べることも効果的です。子供と同様に話しながらの食事は喉に詰まらせやすいため注意しましょう。

このように、喉に詰まらない食べ方の工夫を行うことで、物が喉に詰まるのを未然に防ぐことができます。万が一物を喉に詰まらせてしまった場合、命を落とす危険性もあります。そのため、なるべく喉に詰まらせないように工夫をしながら毎日の食事を楽しみましょう。

PR