女性や小さなお子様は注意して欲しい冬場の水分不足
153views

女性や小さなお子様は注意して欲しい冬場の水分不足

冬は汗をかきませんが、不感蒸泄や尿などによって大量の水分が失われています。その為、夏場以上にしっかりと水分補給をする事が重要になります。特にお子様やご年輩の方にとって、冬場の水分不足は重要な問題となっています。

何故冬場に水分補給が必要なのか

何故冬場に水分補給が必要なのか最近では、冬場の水分不足が問題視されるようになってきました。夏場は気温が暑いので大量の汗をかいてしまうため、水分補給は重要だと言う事は理解している方が多いのですが、何故寒くて汗をかかない冬に水分補給をしなければ行けないかを理解していない方は大勢います。

もちろん冬場でも夏場とは比べ物にならないながら汗をかいてはいますですが、ここで注目しなければいけないのが不感蒸泄になります。聞きなれない方の為に簡単にご紹介すると、不感蒸泄は、汗ではなく、呼吸をする時や、皮膚などから自然に水分を発散させる機能の事で、夏場は汗で水分を発散させるのに対し、汗をかきにくい冬場は、不感蒸泄が活発になっています。

その為、冬場でも知らず知らずの内に大量の水分を排出してしまっている事になります。特に外気と室内の気温差の激しい季節ですので、体温調整に水分を排出する機会が増えているのです。その為、冬場で汗をかかないと思っていても、しっかりとした水分補給が重要になってくると言う事になります。

美容の面から考えても冬場の水分不足は深刻な問題です

美容の面から考えても冬場の水分不足は深刻な問題です。水分を摂取しないと言う事は、血液がドロドロになってしまい易いやすいため、血行が悪くなってしまいます。血行が悪くなるという事は、老廃物を排出する量が減ってしまったり、冷え性になったりなどの弊害が起こります。

また、新陳代謝も悪くなってしまいますので、肌がボロボロになったりくすんだりしてしまう上に、体内に脂肪を溜めやすい状況にしてしまいますので、水分不足は美容には深刻な問題になります。もちろん肌の水分量も少なくなっていますので、水分補給をマメにしている方と比較した場合には、肌かカサカサになっていたり、シワが出来やすい状態である事は間違いありません。

冬場の風邪やインフルエンザの時にも水分補給を

冬場の風邪やインフルエンザの時にも水分補給を冬のような寒くて乾燥しているシーズンは、どうしても風邪やインフルエンザにかかってしまう方が増えてきます。発熱をしている状態の時に怖いのが脱水症状です。風邪やインフルエンザになっている時には、体内でウィルスをやっつけようと体が発熱しています。その過程で大量の汗をかく事になります。この時に体内にある水分を大量に発散してしまっています。

また、発熱以外にも嘔吐や下痢などによって大量の水分が排出されてしまいますので、脱水症状に注意する必要があります。インフルエンザのような場合には、水分と一緒にナトリウムなどのイオンも同時に失われていますので、水で水分補給しながらも、ナトリウムが豊富に含まれているスポーツドリンクなどを積極的に摂取することが重要になります。特にお子様や高齢者は、成人男性と比較した時に、元々ある体内の水分量が違っていますので、早目に水分補給をする事が重要になります。

一位に必要な水分摂取量と摂取方法

一位に必要な水分摂取量と摂取方法一般的に水分を摂取する量は、1日で2リットルと言われていますが、体格や体重によって本当に必要な量は違ってきます。本当に必要な水分量は「体重×30ml」で計算するのが一般的です。60キロの人が必要な水分量は、1.8リットルになりますので、これを基本に自分の必要な水分量を計算してください。

また、冬場に水分を摂取する場合には、温かいお茶やコーヒーなどで摂取する方が多くなっていますが、お茶やコーヒーに含まれているカフェインには利尿作用がありますので、水分補給を行ってもその分、尿として出てしまう事もありますので注意してください。

PR