妊活をしている方は積極的に行って欲しい子宮の温め方
518views

妊活をしている方は積極的に行って欲しい子宮の温め方

妊活をしている方は、積極的に子宮を温める必要があります。しかし子宮を温めるといってもどのようにしたらいいかわからない方も多いと思います。そこでこのページでは子宮の温め方について詳しくご紹介させて頂きます。

妊活でも注意したい子宮の冷え

できれば自然妊娠をしたい最近では妊活といって、積極的に赤ちゃんを作る試みをしている女性が増えてきました。妊活には体外受精や人工授精などの医療機関によって積極的に妊娠するような取組を行う方法も増えていますが、できれば自然妊娠をしたいと思っている方が大半だと思います。

妊活でも注目されているのが子宮の冷え症の改善です。子宮を温める事が出来るようになれば妊娠しやすいですので、積極的に行っている方も多くいらっしゃいます。また冷え性は、子宮だけでなく身体全体でも妊娠しにくくなる原因の一つとして重要視されていますので、改善をしようとされている方も多いと思います。

そこでこのページでは子宮の温め方や冷え性の改善についてご紹介させて頂きます。現在、妊活している方や、これから妊活しようと考えている方は是非参考にしてください。

今日から始められる子宮を温める方法として最適なウォーキング

子宮を温める方法として最適なウォーキング子宮はすぐには温める事はできません。日頃の生活習慣をあらためることで、徐々に改善していくようになります。子宮を温めたい方に最初に行って欲しいのが運動です。運動不足の方は、日常的に運動している方と比べて筋肉の量が少なくなっています。その為、まずは運動をする事によって筋肉量を増やし、基礎代謝を上げる事が重要になってきます。

いきなり運動と言っても難しいと思いますので、先ずは夫婦でウォーキングなどをしてみてはいかがでしょうか。20分程度でも構いませんので、食後にお散歩するイメージで行えば続けやすいと思います。普段テレビを見ながら食事をしていたり、スマホばかりを見ている場合には、ウォーキングを行う事で夫婦間の会話も生まれますので、仲良くなれるなどのメリットもあります。最初から気合を入れ過ぎない程度に頑張りましょう。

子宮をあたためる為に食生活を改善する

子宮を温めるためには、意識的に食生活を改善させる必要があります。食べ物の中には、身体を温める食材と身体を冷やす食材があります。暑い時には冷やす食材を食べ、寒い時には温める食材を摂るのが重要になります。その為、子宮の冷えを根本的に改善するためには、意識的に身体を温める食材を取り入れたメニューを考える必要があります。

子宮をあたためる為に食生活を改善一般的に体を温める食材は、根菜と呼ばれる地下で育った野菜や水中で育った野菜になります。また、冬が旬な食材の多くは身体を温める効果があるものが多いので積極的に食べるようにしましょう。ごぼうやニンジン、カボチャやサツマイモなどは特に身体を温める効果が期待できる食材ですので積極的に摂取するようにしましょう。逆に果物や夏野菜などは身体を冷やす食材が多いので注意してください。

シャワーだけでなく浴槽に浸かる習慣をつけましょう

シャワーだけでなく浴槽に浸かる習慣をつけましょう子宮を温める効率的な方法は、とにかく血行をよくすることに尽きると思います。子宮には、人体の中でもたくさんの血管が集中している重要な部位です。また子宮は身体の奥の方にあるので、しっかりと血行を良くすることで温まるのです。

その為に習慣化したいのは浴槽にしっかり浸かるという事です。40度くらいの浴槽に30分程度毎日浸かる事で、手足などの末端まで温まる事ができ、冷え性が改善されると同時に子宮をしっかりと温める事ができるようになります。

PR