社会人に必要な休肝日の重要性と休肝日の取り方について
192views

社会人に必要な休肝日の重要性と休肝日の取り方について

社会人になるとどうしても外せない飲み会という物が存在します。特に年末には重要な飲み会が多いのでしっかりと予定を見直す必要があります。このページでは、飲み会シーズンに大切な休肝日の重要性と、休肝日の取り方などについてご紹介していきます。

社会人に必要な飲み会と休肝日

社会人に必要な飲み会と休肝日12月になると忘年会シーズンがはじまる他、クリスマスや年末年始でお酒を飲む機会が増えてくると思います。とは言っても年齢を重ねるにつれてお酒は弱くなっていきますし、病気のリスクも増えていくので心配という方も多いと思います。

そこで重要なのは休肝日です。休肝日とは、その名の通り肝臓を休める日の事で、日常的にお酒を楽しんでいる方が、肝臓を休める為にお酒を飲まない日を意図的に作り上げる事です。厚生労働省による指針に「週に2日は休肝日を作りましょう」とある事からも休肝日は重要視されているのは間違いないと思います。そこでこのページでは、休肝日を全く知らない方の為に休肝日の基礎知識や休肝日のメリットなどをご紹介させて頂きます。

休肝日が必要だと思う理由

休肝日が必要だと思う理由休肝日が必要な理由の最も大きなポイントは、自分のキャバシティをオーバーして連日のように飲んでいる方が、肝臓を壊したり、その他の病気にならないために必要だという事です。人間にはそれぞれでアルコールの分解する量に差があります。その為、他の人と合わせて飲まなければいけない忘年会や新年会などの飲み会の時には肝臓に想像以上の負担をかけている事になります。

お酒を肝臓で分解するのには6時間程度かかると言われています。寝ている間も常に肝臓はフル回転でアルコールを分解しているようになりますので、連日ですと肝臓にかなり負担をかけている事になります。連日肝臓に負担をかける事によって、肝機能障害が起こる可能性が高まると言う事です。

逆にしっかりと自分で管理できる量のアルコールを飲む事ができたり、他の人よりも肝機能が強い場合には、特別に休肝日を作る必要はないと言えます。休肝日は肝臓の弱い人が、自分のキャパシティをオーバーしてアルコールを飲む事の危険を回避するために必要な物と言えます。自分に休肝日が必要なのかどうかはしっかりと自己責任で判断するようにしてください。

肝臓の弱い方が休肝日を作らないで飲んでいると

肝臓の弱い方が休肝日を作らないで飲んでいると肝臓の弱い方が休肝日を作らずに飲んでいると様々な病気へのリスクが高まるようになります。アルコールを自分のキャパシティ以上に飲んでいると脂肪肝という状態になりやすくなってしまいます。脂肪肝は、肝臓の細胞内の脂肪量が増えた状態ですが、何も治療しておかないと、肝硬変という肝細胞が死滅して減少してしまう病気になってしまいます。肝硬変は肝機能が正常に機能しない状態ですので、日常生活に様々な弊害が生まれます。

忘年会シーズンなど、特別な場合以外にはお酒をあまり飲まないという方には関係ないのかも知れませんが、お酒を日常的に飲む事で、アルコール依存症になる可能性があります。アルコール依存症は、他のニコチン依存症などと同じく禁断症状のでる病気です。また、肝臓以外にも高血圧の症状になりやすいという説もあります。ですので、休肝日を設ける事によって、より健康的な生活を送れるようになるという事です。

休肝日の取り方

一ヶ月の飲み会などの予定をしっかりと把握する休肝日の取り方は、一ヶ月の飲み会などの予定をしっかりと把握する事から始めます。週に二日以上は休肝日を取る必要があると言われていますので、事前にしっかりと予定を把握する事が大切です。

特に外せない会社や取引先の飲み会を最初に入れておいて、優先度の低いプライベートの飲み会や、会社の部下などとの飲み会などを、一週間の飲み会の量に合わせて配分する事が重要になります。なるべく重めの飲み会は連続して参加しないように注意する事が重要になります。

PR