秋は喘息予防が必要な時期!予防のためのポイント5つを紹介します。
31views

秋は喘息予防が必要な時期!予防のためのポイント5つを紹介します。

秋は喘息予防が必要な時期です。というのも、秋には大人であっても喘息を発症する人が多いからです。喘息にならないためにはのどの周辺を冷やさず体を温め、アルコールを控え、睡眠時間を多くして十分に休養をとることも有効です。部屋の掃除をきちんとしてハウスダストやホコリを吸い込まないようにすることも大切です。

秋は喘息予防が大切!

秋になると喘息になる人が多くなります。喘息は子どもに多い症状ですが、大人でもなることがあります。風邪から発生することもありますが、長引く風邪だと思ったら喘息だったということもあります。

喘息は軽症のときには咳が続くだけですが、重症化すると気道が狭くなり、症状も辛くなり回復までに時間がかかるやっかいな病気です。喘息は軽いうちに対処することが大切ですが、何よりも重要なのは喘息にならないように日頃から予防することです。

喘息の予防法として5つのポイントを紹介します。

【1】暖かくする

暖かくする

喘息になるのは気温の急激な変化に肺などの気管支がついていけないためだといわれています。

そのため、のどとその周辺を冷やさないということが予防において非常に大切です。ネックウォーマーやマフラーなどで室内でものどを温めるようにしたり、冷たい飲食をさけて温かいものを飲むようにしましょう。

一日に一度は入浴して体の芯から温まるようにします。このように体を冷やさずに、体の奥から温めることが秋に発症しやすい喘息を防ぐためには効果的です。

【2】アルコールを控える

アルコールを控える

喘息を防ぐためにはアルコールを控えることも大切です。飲酒は気道が狭くなるということがわかっています。

気道が狭くなると喘息の症状が出やすくなったり、また症状が悪化しやすくなります。このため、喘息予防のためには秋の飲酒は控えめにするか、冷たいアルコール飲料をやめて熱燗やお湯割りなどで楽しむようにしましょう。いつまでも夏気分で冷たいビールを飲んでいるとそれだけで喘息になるリスクは高くなります。

【3】部屋を掃除する

部屋を掃除する

秋に喘息になるのは部屋のホコリが原因になることもあるようです。

夏は比較的開けることに抵抗がない窓も、秋になって冷たい風が吹くようになると閉じた時間が長くなります。このように部屋の窓を開けないでいることや室内の掃除がきちんと行われないということは喘息の発症リスクを高めるといわれています。

そのため、できるだけ窓を開けて換気をしたり、室内の掃除を徹底することを心がけましょう。ホコリが多い場合には家具や絨毯、ラグなどの製品を変える必要もあるかも知れません。またシーツや枕カバーの素材をホコリの出にくいものに変えることも有効です。

【4】花粉症対策をする

花粉症対策をする

喘息のきっかけが花粉症であることもあります。

秋には花粉症はあまりないといわれていますが、秋でも花粉症はあります。ブタクサやヨモギなどは秋の花粉症の原因になる植物です。これらの植物にアレルギーがある場合には喘息を誘発させる原因になります。秋でも花粉症対策をしっかりを行いましょう。また、アレルゲンである植物が多くある通りや場所に近づかないことも大切です。

【5】睡眠時間を十分に確保する

喘息を予防するためには免疫力や体力をつけることも大切です。そのためには夜の睡眠をしっかりと摂ることが重要です。秋の夜長に読書やDVDなどを楽しむというのも良いですが、やはり早く休めるときにはしっかりと休みましょう。

寝付けない場合には軽い読み物やアロマなど眠りやすい環境を整えることを心がけましょう。とくに照明の明るさには注意が必要です。秋は日が暮れるのが早いため、早々に室内で明るい照明を付けることが多くなりますが、できれば夜7時以降は強い照明は避け、間接照明などを使って明るさを落として過ごすことも心地よい入眠に有用です。

PR