イイことだけではなかった!腸内洗浄のデメリットを知っておこう!
219views

イイことだけではなかった!腸内洗浄のデメリットを知っておこう!

腸内洗浄って聞いたことありますか?少し前に腸の中をまさに”洗浄”することで便秘解消であったり、ダイエットや美肌効果があるといって話題になっていました。でも正しい知識を持たないと実は大変なことになってしまうことも!いったいどんな腸内洗浄のデメリットがあるのかチェックしていきましょう!

腸内洗浄ってどう思いますか?「便秘解消にぴったり!」「ダイエット効果がある」「美肌効果がある」というように聞こえてくるのはいい情報ばかりではありませんか?さらに「手軽におうちででもできます!」なんて魅力的な言葉も聞こえてきます。でも本当にいいことばかりなのでしょうか?ここではちょっと一歩引いて”腸内洗浄”についてチェックしていきたいと思います!

腸内洗浄のデメリットってあるの?

実は”腸内洗浄”は医療行為だった!

実は”腸内洗浄”は医療行為だった!腸内洗浄ってどうして存在すると思いますか?実はひどい便秘で排便が困難になってしまった人のためであったり、出産時に必要になる人、もしくは腸などの病気で排便機能がうまく働かない人のためにこの腸内洗浄が存在しているそうで、れっきとした「医療行為」に当たるのだそうです。その方法は肛門から管をいれ、専用の洗浄液などを腸へ流し込み、排便を促すというものです。

エステやサロンなどでの施術は注意!

エステやサロンでの施術がすべてがNGというわけではないのですが、もしその腸内洗浄後に何かしらのトラブルが発生したときに対応をしてくれるかどうかという問題です。エステやサロンは医師が常駐していることが少ないと思います。ですので何かあったときの対応が不十分な場合もあると思います。それと施術前によく「承諾書」等へのサインを求められると思うのですが、その時もしっかりと内容をチェックしてからのサインが重要です。自分自身納得し、あくまでも「自己責任」になるので注意してください!

自宅で手軽にできる「腸内洗浄」は特に注意が必要!

自宅で手軽にできる「腸内洗浄」は特に注意が必要!自宅でもこの「腸内洗浄」ができるとよくキッドが販売されているのを見かけると思います。自宅で手軽にすることができ、空いてる時間に手軽にできたり、低価格だったりするので手に取りやすいといったメリットがありますよね。でも自分で肛門へ管を入れる・・・。ちょっと怖いですよね。管を入れる!ということが怖いというのではなく、管を肛門へいれることにより、その管で腸を傷つけてしまうことの方がもっと怖いということを知っていますか?腸を傷つけてしまうことでその傷口から細菌などの感染症を引き起こしてしまうリスクが潜んでいるのです!それに衛生面でも不安が残るので注意が必要です。他にも腸内洗浄中に吐き気やめまいなどを引き起こしてしまう人もいるそうで、自宅ですることで、その時に対応しきれないといったことも考えられます。

腸内洗浄に頼ってしまうと自己排便が難しくなることも!

腸内洗浄に頼ってしまうと自己排便が難しくなることも!腸内洗浄は確かに排便を助けてくれるので腸の中はスッキリすると思いますが、それをし過ぎることで自分での排便が困難になってしまうといった話もあるそうなのです!それとは逆に腸内洗浄をし、腸を刺激してしまったことで、便意にしょっちゅう襲われるといった例もあるそうですよ。

最後に

「腸内洗浄」のデメリットについてチェックしてみましたがどうでしたか?手軽にするにはちょっとリスクが高い感じがしませんでしたか?あくまでも元々は”医療行為”であったということを頭において、自分自身「腸内洗浄」を取り入れるか取り入れないかの参考にしてもらえたら幸いです。

PR