インフルエンザの予防まとめ!冬に向けてインフルエンザを予防しましょう
120views

インフルエンザの予防まとめ!冬に向けてインフルエンザを予防しましょう

効果的なインフルエンザの予防法をまとめています。少しずつ秋も終わりに近づき、もうすぐインフルエンザの流行時期となります。インフルエンザにかからずに元気に冬を越すためには、予防を徹底しましょう。また、インフルエンザの予防をすることによって同時に風邪を予防することもできます。

インフルエンザの感染経路とピーク時期

インフルエンザが最も流行するのは何月?

インフルエンザは主に冬の季節に流行しますインフルエンザにかかると、38度以上の高熱、関節痛や全身の倦怠感、頭痛、腹痛、咳、喉の痛み、鼻水など様々な辛い症状が表れます。成人の場合はそれほど症状が酷くならずに済むこともありますが、高齢者や小さい子ども、妊婦、持病のある人がインフルエンザにかかると重症化しやすくなってしまいます。そのため、これらの人は特にインフルエンザの予防を徹底しなければなりません。

インフルエンザは主に冬の季節に流行します。具体的には11月下旬から5月上旬頃までが流行する時期です。中でも12月から3月までが流行のピークとなります。インフルエンザのウイルスは感染力が強いうえ、冬は空気が乾燥しているため感染が拡がりやすくなってしまいます。

インフルエンザの感染経路

インフルエンザの感染経路は主に2つあります。まず1つ目が、接触感染です。接触感染とは、インフルエンザにかかっている人がくしゃみや咳をした際に手にウイルスが付着し、その手で様々な場所を触ることによって周囲の人に感染することを指します。電車やバスのつり革やボタン、手すりなど不特定多数の人が触れるものにはインフルエンザのウイルスが付着している可能性があります。

2つ目が飛沫感染です。飛沫感染とは、インフルエンザにかかっている人がくしゃみや咳をすることで空気中にウイルスが浮遊し、それを吸い込むことで感染することを指します。ウイルスは目に見えないため、知らぬ間に飛沫感染してしまうことも珍しくありません。

インフルエンザの予防をしよう

日常生活の中でできる予防

日常生活の中でできる予防インフルエンザの予防の基本とも言えるのが手洗いうがいです。帰宅した際やトイレの後、食事前などに手洗いうがいを徹底することで、接触感染や飛沫感染を防ぐことができます。普段から手はしっかり洗っているつもりでも洗い残しがあることも多いので意識して洗うことが大切です。

マスクもインフルエンザの予防に効果的なアイテムです。マスクをすることで空気中に浮遊しているウイルスを吸い込むのを防ぐことができます。また、インフルエンザにかかっている人は必ずマスクを着用しましょう。マスクをすることでくしゃみや咳をした際にウイルスをまき散らすことがないため、周囲の人への感染を防ぐことができます。しかし、マスクをしていれば絶対にインフルエンザにはかからないとは言い切れません。そのため、インフルエンザの流行時期はなるべく人ごみを避けることが望ましいでしょう。

体調管理と予防接種

インフルエンザを予防するためには、普段から健康な体を維持することも大切です。睡眠不足や疲れが溜まっていると免疫力が低下しインフルエンザに感染しやすくなります。万が一インフルエンザにかかっても普段から体調管理をしている人はそれほど症状が悪化しません。

インフルエンザを予防するために部屋の湿度にも注意しましょう。インフルエンザウイルスは湿度50%以下、もしくは70%以上で活発になると言われています。そのため、加湿器を使用して部屋の湿度を50%から60%に保つことを心がけましょう。

インフルエンザの予防に効果的なのが、予防接種ですインフルエンザの予防に効果的なのが、予防接種です。100%インフルエンザを予防できる訳ではありませんが、予防接種をすることで感染しにくくなることは明らかです。前述したようにインフルエンザは12月頃からピークを迎えるため、11月中旬頃までには予防接種を受けましょう。

PR