目を酷使している方必見!効果的な眼精疲労の軽減策とは??
158views

目を酷使している方必見!効果的な眼精疲労の軽減策とは??

最近、悩んでいる方が多いと思われる眼精疲労。仕事ではパソコンが必須ですし、家でもスマートフォンやゲーム、テレビなどで目を酷使しているので、仕方のないことですね。しかし、ちょっとした工夫で効果的に眼精疲労の軽減を行うことができる方法があります。ぜひ、実践して、少しでも軽減してくださいね。

眼精疲労とは??

疲れ目と眼精疲労の違い

疲れ目と眼精疲労は違うもの

疲れ目と眼精疲労は同じように感じますが、実際は異なる病気です。疲れ目は、一晩しっかりと眠れば症状が和らぎます。
しかし、眼精疲労は、休憩を取った後も、目の痛みや肩こり、頭痛などの症状が残り、一時的に回復してもすぐに症状がぶり返すことが多いです。

眼精疲労は様々な症状を引き起こす

眼精疲労は目だけでなく肩こりや頭痛など目以外にも症状が出る

眼精疲労になると、ドライアイや目の奥の痛み、目のかすみ以外にも、目とは違うところに様々な症状を引き起こします。
例えば、肩こりや頭痛はもちろん、不眠や吐き気、食欲不振などの症状が起こることがあります。さらには、眼精疲労でストレスが溜まり、抑うつや不安感などの神経疾患を引き起こすこともあるようです。

眼精疲労の軽減策

眼精疲労は、目以外にも様々な症状を引き起こすので怖いですね。従って、眼精疲労になる前に様々な対策をしたいと思う方も多いのではないでしょうか。それでは、ここから眼精疲労の軽減策を紹介します。

度の合った眼鏡やコンタクトを使用する

禁止や乱視、遠視のある方は、矯正視力が1.0以上になるような眼鏡やコンタクトレンズを使用しましょう。度が合っていない目のまま過ごしていると、目に大きな負担がかかります。

パソコンや読み書きする時は距離を保つ

パソコンやスマホを使うときには意識して目との距離を持つ

眼精疲労の軽減には、パソコンなどとの距離も重要です。例えば、パソコンとの距離は、1m以上離れるように心がけましょう。
また、楽に読み書きできるように、本などとの距離は、最低40㎝の距離を保つようにすると眼精疲労を予防することができますよ。

パソコンや読み書きする時は、距離以外にも背筋を伸ばし正しい姿勢を保つことも大切です。

休憩をしよう

目を酷使するパソコン作業や読み書きをする時は、1時間ごとに10分~15分程度、目を休ませるようにしましょう。これをすることで、眼精疲労が随分軽減されます。

目を休憩させる時には、遠くの緑を見たり、目を閉じたりすると効果がありますよ。

目をマッサージする

目が疲れたなあと思ったら、目の周りをマッサージするのも効果的です。親指や人差し指の先をまぶたの上から優しく押し、小さく円を描きながら目の内側から外側へ移動していきます。目の上側をマッサージしたら、目の下側も同じように行いましょう。

目を温めよう

ひと肌より少し熱めのおしぼりを用意し、両目の上から1分ほど覆うのも効果的です。そして、冷たいおしぼりを温かいおしぼりと交互に乗せるとさらに効果が見られます。
なぜなら、冷たいおしぼりと温かいおしぼりを併用すると、目の血管が伸び縮みし、血流が良くなり、眼精疲労の解消になるからです。また、ドラッグストアなどで売られているホットアイマスクなども効果がありますよ。

マッサージと目を温めるのは、お風呂上りにすると効果があります。また、マッサージと温めの両方を併用するようにしましょうね。

目を疲れさせない趣味を持つ

眼精疲労にならない様に目を酷使しない趣味を持とう

眼精疲労を軽減するために、意識的に目を疲れさせない趣味を持つと良いでしょう。例えば、散歩やウォーキング、ジョギング、インテリアや掃除、楽器や料理、ガーデニングなども良いですよね。

パソコンやスマートフォンなど目に負担をかけることから離れた趣味を持つと、世界が広がりますし、ストレス解消にもなりますよ。

PR