困った!眠くなくても寝るにはどうしたらいいの?
94views

困った!眠くなくても寝るにはどうしたらいいの?

眠くなくても寝るにはどうしたらよいのでしょうか。休みの前なら寝なくても大丈夫なのですが、次の日、仕事や学校、大切なイベントがあるのにもかかわらず寝られなくて困ることはありませんか。こんなときは音楽を聞いたり、ぬるめのお風呂につかったりして、精神的にリラックスすると眠れます。

眠くなくても寝るにはどうしたらよいの?

眠くなくて困った時!

眠くなくて困った時!

眠くなくても寝るには、一体どうしたらよいのでしょうか?

明日の朝、きちんと早く起きて、家を出て仕事や学校などに出かけなくてはならないのにも関わらず、眠れなくて困ったという経験はありませんか?とりあえずベッドに横になったのにも関わらず、頭がさえてしまい全く眠れないとき一体どうしたらよいのでしょうか。

何故眠れないのか?その原因を考えてみましょう

何故眠れないのか?その原因を考えてみましょう

眠れない原因として、脳を使い過ぎていることがあります。

脳を使いすぎると、頭が興奮状態になり、眠れなくなってしまうのです。昼間、頭を使いすぎていたり、寝る直前にアルコールを飲み過ぎていたり、スマホやテレビの強い光を浴びていたり、ゲームなどに夢中になっていると、夜眠れなくなってしまいます。

交感神経が活発化すると眠れなくなります

夜になっても眠れないときは、交感神経の働きが活発化されており、布団の中に入っても、なかなか入眠することさえできません。眠くなくても寝るには、まず副交感神経の働きの方を活発化させる必要があるのです。

副交感神経の働きをよくするにはどうしたらいいの?

脳がリラックスできる状態を作ることが大切です。

眠くなくても寝るにはとにかく脳をリラックスさせることが重要です。形だけでもリラックス状態を作り出せば、副交感神経の働きがよくなるため、脳と身体が眠くなります。

夜寝る前に、ぬるめのお風呂に入りましょう

夜寝る前に、ぬるめのお風呂に入りましょう

眠くなくても寝るには、就寝予定時間の一時間前までに、ぬるめのお風呂に浸かりましょう。ぬるめのお湯に入ることで、心も身体もリラックス状態になるため、副交感神経が交感神経よりも優位に立つため、眠くなります。お風呂の照明はできるだけ暗くすると、脳が休まるため、安眠しやすくなります。

就寝前は部屋の照明は暗めに

就寝前は部屋の照明は暗めに

眠りやすいようにするためには、部屋の照明はできるだけ落としておきましょう。白い蛍光灯が光輝く部屋では、脳が活発化され目覚めた状態となってしまうため、寝室の照明はムーディーな間接照明の方がよいでしょう。

また就寝する時は、部屋のカーテンは遮光カーテンを選び、外のネオンなどの明りが部屋の中に入らないようにカーテンをしっかり閉めてベッドに入りましょう。部屋の明かりはつけずに真っ暗な状態にしておくことも大切です。

部屋の温度、寝具の温度も大切

就寝時の温度も大切です。部屋が寒過ぎたり、暑すぎると眠れなくなります。冬場、寒くて眠れない時は湯たんぽなどで布団の中を温めておくとよいでしょう。

また入眠前は布団の中を温かくし、入眠後は布団の中が熱すぎると眠れなくなってしまいます。毛布や布団で温度を調節しましょう。寝巻は分厚いものよりも、薄いものの方がよいでしょう。また身体をしめつける下着や寝巻もやめましょう。

就寝前はテレビやパソコンは禁止

就寝前にテレビやパソコンの強い光を目で感じると、脳が活性化されてしまうため、眠れなくなってしまいます。安眠するためには、テレビやパソコンは就寝前は避けましょう。

安眠のためには

不眠が続くと心や身体の健康が蝕まれます。そこで毎日安眠するためにも規則正しい生活をするようにしましょう。適度な運動をすることや暴飲暴食をしないことなどが大切です。

PR