睡眠薬でふらつきを覚えたら、必ず医師に相談しよう。
7views

睡眠薬でふらつきを覚えたら、必ず医師に相談しよう。

なかなか眠ることができない人にとって、睡眠薬は頼りになるものですが、薬というのは、効果があるとともに多少なりとも副作用があることを忘れてはいけません。睡眠薬でふらつきを覚えるというのも、副作用であることが多いですが、ふらつきはケガなどにもつながりますから、必ず医師に相談してみましょう。

睡眠薬はいくつかの種類がある。

作用時間の長さによる違い。

眠りたいのに眠れない、というのは、想像するよりもつらいことですね。

また眠れない原因は、精神的なものであると言われることが多いですが、そればかりとは限らず、眠るために必要なアミノ酸が足りないことが原因となっている場合もあることがわかっています。

睡眠に問題を抱えている時は、睡眠薬を飲むのも一つの解決法ですが、一口に睡眠薬と言っても、一種類ではなく作用時間の長さにより、4種類に分けられています。

睡眠薬が必要な人の症状により、なかなか寝付くくことができないという人には、長短時間型か、短時間型の薬を、眠りの途中で目が覚めてしまう、朝早すぎる時間に目が覚めてしまうという人には、中間型か長時間型の薬を用いられるのが一般的です。

また現在の睡眠薬の多くはベンゾジアゼピン系と非ベンゾジアゼピン系の習慣性はなく安心して服用できるもので、一度飲み始めると、睡眠薬なしでは眠れなくなってしまうといわれたバルビツール酸系、非バルビツール酸系のものは、ほとんど用いられていません。

作用時間の長さによる違い。

睡眠薬の副作用について。

睡眠薬でふらつきがあるのは副作用。

睡眠薬は眠りに問題を抱える人にとっては、とても頼りになるありがたいものですが、薬というのは、効果がある分副作用もあるということを覚えておかなければなりません。

睡眠薬でふらつきを覚えるというのも、副作用の一つで、「持越し作用」の場合と、「筋弛緩作用」の場合が考えられます。「持越し作用」というのは、睡眠薬の効果が翌朝になっても持ち越されてしまうもので、眠気を感じたり、ふらつきがあったり、頭が重たく感じたり、身体に力が入らないように感じたり、だるく感じたりします。

また、「筋弛緩作用」というのは、薬の中に含まれた筋肉を弛緩させる作用で、ふらついて転倒したりすることもありますので、特に高齢の方が睡眠薬を服用する場合には注意をしなければなりません。この「筋弛緩作用」は、量の差はあっても、全ての睡眠薬に含まれているものです。

睡眠薬でふらつきがあるのは副作用。

副作用が出たときには。

専門の医師に診断を受けて睡眠薬を飲んでいるときに、副作用と思われる作用が出たら、必ず医師に相談するようにしましょう。

睡眠薬は数種類ありますから、必要に応じて薬の種類を変えてもらったり、薬の量を調節してもらうことができます。副作用が嫌だからと、処方してもらった薬を勝手に飲むのをやめるのはよくありません。

副作用が出たときには。

理想の睡眠にこだわりすぎていませんか?

必ずしも8時間睡眠でなくてもいい。

睡眠不足は、健康を害する要因になりやすい、睡眠の質が生活の質も左右する等、睡眠の大切さについては、いろいろと耳や目にすることが多いために、8時間以上眠ることができなかった、夜2度も目が覚めてしまったなど、自分の睡眠について心配することが、かえってストレスを招き、睡眠不足になっていませんか?

理想の睡眠の形はあっても、必ずしもそうでなくてはいけないわけではありません。日中、活動する際に支障がなければ、多少睡眠不足であっても、特に問題はありません。

眠ろうとするあまり、睡眠薬に頼り、副作用が出てしまうことの方が問題になりかねません。睡眠時間や睡眠の質にこだわりすぎず、自分なりの生活パターンを作ることを大切にしましょう。

必ずしも8時間睡眠でなくてもいい。

PR