これだけで寿命が延びるかも?!健康に良い寝具の大きさはこれだ!!
74views

これだけで寿命が延びるかも?!健康に良い寝具の大きさはこれだ!!

たくさん寝ているはずなのに、起きるとなんだかだるい・・・なんて方、いらっしゃいませんか。そういう方は、もしかしたら寝具が体に合っていないのかもしれません。そこで、ここでは、健康に良い寝具の大きさや選び方のポイントなどを紹介します!寝具は、人間の生活にとって重要です。ぜひ、参考にしてくださいね。

寝具は快眠へ導く!!

体に合った寝具は重要!!

ある調査によると、なんと8割以上の方は、寝ていて起きた時に不快感を訴えていると言われています。これは、とても多いですよね。

その大きな原因としては、やはり寝具が体に合っていないことが挙げられるでしょう。

人間は、寝ている間に約20~30回ほど寝返りを打ちます。寝返りは、体重によって圧迫された部分の痛みやうっ血を分散するために、自然と人間が行うものです。

しかし、寝具が柔らかかったり、硬すぎたり、また小さすぎたりすると、自然と寝返りする回数が増えたり減ったりするので、朝起きた時にだるいと感じる訳です。

体に合った寝具は重要!!

どのような寝具が良いの??

快眠を導く寝具の大きさは??

寝返りを負担なく行うためには、ある程度の広さの寝具が必要です。健康に良い寝具の大きさは、体の横幅にそれぞれ20cmプラスした横幅が必要になります。左右20cmずつ余裕があれば、おそらく楽に寝返りを打てるはずです。

具体的には、男性の平均肩幅は45㎝、女性は40㎝です。腕を体から少し離して眠ることを考えると、男性は60㎝、女性は50㎝と考えると良いでしょう。そこから計算すると、男性は100cm、女性は90㎝ほどの寝具の幅が必要だと考えられます。

快眠を導く寝具の大きさは??

寝具の大きさはとても重要です。しっかりと考えて選びましょうね。

敷布団は硬くもなく柔らかくもないものを選ぼう!

敷布団は、柔らかすぎてしまうと、腰が沈んでしまい、体のカープが必要以上に伸び、腰痛を招きやすくなります。また、逆に敷布団が固すぎると、腰や背中など体重がかかる部分が圧迫されて、血行が滞り、痛みを招いてしまいます。すると、寝返りの回数も、劇的に増え熟睡ができません。

従って、敷布団を選ぶ時は、体重を分散できるものを選びましょう。体を点ではなく、面で支えるものが良いですね。寝具と体の接触する面にかかる圧力を分散する仕組みを持つ敷布団なら、寝ていても背骨のS字カーブを保つことができ、腰痛や肩こりにもなりにくいですよ。

敷布団は硬くもなく柔らかくもないものを選ぼう!

寝具は通気性と放湿性があるものを選ぼう!

寝具は、敷布団も掛布団も枕も、通気性や放湿性があるものを選ぶようにしましょう。特に、敷布団や枕は、季節に関係なく使うものなので、夏は暑くなく、冬は寒くないものを選ぶことが快眠へと導く大きなポイントですよ!!

寝具は通気性と放湿性があるものを選ぼう!

枕は高すぎず低すぎないものを選ぼう!

枕も、快適な睡眠を得るためにはとても大切なものです。

高さや大きさ、柔らかさに気を付けて選ぶ必要があります。まずは、寝返りが楽に打てる大きさがあるものを選びましょう。頭2~3個分くらいの大きさがあるものが良いですね。

また、肩や首、頭をしっかり乗せるスペースがあるものが良いでしょう。通気性が良い、顔まで沈み込み過ぎないようなものがベストです。逆に硬すぎるものもあまり良くありませんよ。

枕の質は、通気性や透湿性の良いパイプを選ぶようにしましょう。

枕は高すぎず低すぎないものを選ぼう!

寝具は定期的に交換を!!

3年~5年に一度は交換しよう!!

寝具は、毎日使うものなので、どんどん劣化していきます。特に敷布団と枕は、3年~5年に1度は交換しましょう。そうすると、体に負担がかかりませんよ。

3年~5年に一度は交換しよう!!

PR