どうしても低血圧で朝起きれない方へアドバイス。
87views

どうしても低血圧で朝起きれない方へアドバイス。

低血圧で朝起きれない悩みを抱える女性はアナタだけではありません。中には自覚されていない低血圧症の方も潜在的に多く、毎朝十分に時間を費やしての起床すら心身に大きな負担をお感じなら、1度専門医を訪ねるべきでしょう。

本当に低血圧だけが原因?

低血圧は朝が弱いは自己暗示?起床がうまくいかないとその後も頭がボーっとしたり調子が出ない

毎朝の起床で1日の大半のエネルギーを消費してしまう。大袈裟では無く当事者には深刻です。

「低血圧の人は朝が弱い」というのは、今では多くの方の常識として広く根付いているものでしょう。実際に、寝坊した時につい、「私、低血圧なんです」と口にしている方もいるかもしれません。しかし多くの方の場合、発言されている当事者が医学的な裏付けを確認しているとは限らず、何となく記憶の片隅に残っていた「低血圧イコール起床が辛い」という知識をそのまま、毎朝の自身の苦闘に重ねていたりするものなのです。

低血圧を最も手軽に確認するのは、自宅で手軽に使える血圧計が示す測定値でしょう。あるいは時折訪れるかかりつけの病院で血圧を測定する度、低血圧傾向を医師や看護師から告げられた記憶が影響しているかも知れません。「自分は低血圧だから、朝起きれなくても仕方無い」との自己完結は、時にその通りかも知れませんが、全てがその限りとは言えないのも事実なのです。

時間をかけて無理無く起床。

低血圧で朝起きれない方にとって、時間に追われて無理矢理身体を起す事は、大きな負担を伴うのみならず、時に危険な行為だとも言えるので要注意です。勢いをつけて一気に置き上がった結果、目まいや体調の急激な変化を招いた結果、再び倒れ込んでしまうケースは決して珍しくありません。心臓の動悸が激しくなるなど、更に危険な症状を併発しないとも限りません。「何とかして早く起きねば」と自らに鞭を打って無理やり起きようという方も多くいるとは思いますが、やはり自身の心身にリスクを伴わない、自分なりの起床スタイルを選択し、実践していくことが大切なのです。

起床は身体の始動する大事な時、無理な負荷をかけてはいけない

予定起床時間より早目に目覚ましをセットから、時間をかけてゆっくり身体を起しましょう。

私達の心理として、誰もが1分1秒でも長く布団に包まっていたくて当然ですし、とりわけ冬季であれば、その想いは一層強くなります。結果ギリギリの起床時間を逆算設定してしまい、ベルの音と共に飛び起きて大慌てが必要なタイムスケジュールを選択してしまうことでしょう。そしてこの生活習慣こそ、低血圧で朝起きれない人にとって「百害有って一利なし」の典型スタイルなのです。目覚ましの音と共に目覚めたのであれば、暫し布団の中でまどろみの時間を過ごし、自身の身体が肉体的に覚醒し始める過程をしっかり確かめましょう。この数分間の確保が結果、皆さんの健康を守る事に繋がるのです。

専門医への相談も大切。

十分な起床時間を確保しても、やはり低血圧で朝起きれない場合、専門医を訪れてカウンセリングを受ける、あるいは検査を受ける選択肢をお薦めします。おそらく大半の方々が「私は低血圧」と判断されている根拠は、過去に血圧計が指し示した血圧数値でしょう。しかし低血圧の中には、こうした表面上の数値以外の複雑な要因が絡み、結果低血圧的な症状を見せるケースもあり、専門医を訪れる事で、朝起きるのが辛い本当の理由が発見出来るかも知れないのです。日常健康に特に不安を覚えていないのであれば、決して恐れる事はありません。何より自身の体質と体調を正確に把握する事こそが、自己管理の第一歩であり、辛い朝の起床タイムから苦痛を取り除く効果に繋がるのです。

朝が起きれない…ひどい場合は病気の場合もあり、生活習慣の改善も専門医の助けを借りる

小さな勇気で医師との面談を。

PR