季節の変わり目の不眠には時期に合わせた対処法が必要だった!
261views

季節の変わり目の不眠には時期に合わせた対処法が必要だった!

季節の変わり目の不眠に悩む人は少なくありません。その原因には季節に応じて不眠の要因が変わることがあげられます。そのため、不眠の対処法はその時期に合わせた方法が求められます。今回は4つの季節の変わり目に有効な不眠の解消法を紹介します。

季節の変わり目の不眠の原因と対処法

季節の変わり目の不眠の原因と対処法季節の変わり目の不眠に悩む人は少なくありません。これは日照時間の変化や自律神経の乱れ、そして体の体温調節がうまくできていないことが原因です。このような不眠を解消するために必要なことにはどのようなものがあるのでしょうか?

現代人は四季に合わせて体調を整えるのが苦手?

日本では四季があり、それぞれの季節に特徴があります。この季節の変化のおかげで日本人は古くから様々な樹木や花を愛でること、多種類の農作物や木の実などを楽しむことができました。しかし、四季の変化は良い面ばかりではありません。四季があるために、温度の高低や空気の乾湿などの気象環境が変わります。そして、それぞれの季節に応じて体を作ることが求められます。しかし、現代生活では四季を通じて同じような生活を余儀なくされることが多いため、季節に合わせて体調を整えることが難しくなっています。

季節によって異なる不眠の原因

とくに睡眠は日中の活動量、食事量とその内容、日照時間やホルモンバランスなど多くの要因で成り立っているものです。これらの要素のいずれかでもバランスを崩すと睡眠の質は著しく低下します。このような変化はとくに季節の変わり目に起きやすいため、不眠が増える原因になります。季節によって睡眠の質が変わることがある程度仕方のないことですが、それでも季節に合わせて睡眠の質を改善するコツがあります。

冬から春にかけての不眠は食事で改善

冬から春にかけての不眠は食事で改善冬から春にかけての不眠を解消するポイントは食事にあります。冬は活動量が少ないのに食べ過ぎる傾向にあり、さらに体が緩んだ状態です。このような状態で春を迎えると温かくなるにつれて夜の睡眠の質がどんどん低下します。その結果、一日中、眠い状態が続いたり、寝付きが悪くなることがあります。このような問題を解消するためには「苦い」ものを食べることが大切です。ふきのとうやミョウガなど季節の山菜を多く食べることで冬から続く体の緩みが刺激されて睡眠の質も改善されます。

春から夏にかけての不眠は運動で改善

春から夏にかけての不眠は運動で改善春から夏にかけて不眠になる原因は運動不足です。日本の春は変化の季節です。この変化によって生活環境や人間関係が変わることが多くあります。このため、春から夏にかけては神経が大いに疲労している時期です。このような時期は心の疲労や神経疲労などが原因で夜になっても神経が昂り、寝付けないことや、寝ても短い睡眠で目が覚めてしまうという特徴があります。このような不眠を改善するためには日中に、よく歩いたり、ジョギングをするなどして下半身を中心に運動すること効果的です。バランスよく心身を使うことで睡眠は改善します。

夏から秋にかけての不眠は日光浴で改善

夏から秋にかけての不眠は日光浴で改善夏から秋にかけての不眠は日照時間が短くなるためにホルモンバランスや自律神経が乱れやすいためにおこるものです。この時期の不眠を改善するためには日中に日光を十分に浴びることが大切です。とくに午前中に明る日差しの中で散歩などの運動をすると体内時計が乱れにくく、適正な体内リズムを保つことができます。ただし、夜間に明るい照明などで目を刺激すると昼間の日光浴の効果を低下させることになるので、この時期はとくに就寝前の照明を抑える工夫も大切です。

秋から冬にかけての不眠は入浴で改善

秋から冬にかけての不眠は入浴で改善秋から冬にかけての不眠は体の冷えが原因です。体が冷えると内臓や神経など多くの組織は適正に働くことができなくなります。そのため、食欲にムラがでたり、寝起きが悪くなることがあります。このような不眠を改善するためには、しっかりと半身浴などで体を温めることが有効です。不眠の症状が強い場合には最低でも1時間程度、半身浴をしてみましょう。さらに入浴後は体を冷やさないために靴下やレッグウォーマーなどを利用して、温めた熱を逃さないようにします。体が温かくなると自然と睡眠リズムが改善され、朝の目覚めもよくなります。

PR