意外な健康効果☆心身の健康に役立つ二度寝の効果3つとは?
112views

意外な健康効果☆心身の健康に役立つ二度寝の効果3つとは?

二度寝の効果は大きく2つあります。1つは直接的な効果、そしてもう1つ間接的な効果です。直接的な効果は心身ともにストレスを解消するものです。そして、間接的な効果は日頃の生活習慣を見直す際に役立つ有益な情報になります。二度寝しない理想的な生活習慣を目指しましょう。

二度寝の効果

二度寝は良い?悪い?

二度寝は一度目が覚めた後、再び眠ることです。寝起きのまどろみの中でまた夢の世界に入ることはとても心地よく、だれでも一度は経験したことのある至福の時間でしょう。しかし、二度寝は一般的に怠惰な習慣として知られるものです。理想的な起き方は朝方目が覚めたらそのまま起きることです。いつまでも寝床でごろごろしたり、二度寝、三度寝を繰り返すことはだらしないことと言われきました。二度寝をすることは睡眠リズムが乱れたり体がだるくなったり、頭痛の原因になるなど様々な健康の害があることで有名ですが、最近になって二度寝にも重要な効能、効果があることが知られてきました。とても意外で嬉しいことですね。具体的にはどのようなポイントが健康に役立つのでしょうか?

二度寝の3つの利点

二度寝には良い点が3つあります。1つは精神的なストレスを解消してくれること、2つ目は肉体的な睡眠不足を補うことです。これら2つは二度寝の直接的な利点です。そして、3つめは毎朝の寝起きから普段の生活習慣を見治すときの重要な指標になるという間接的な利点です。

【1】ストレス解消になる

二度寝はストレス解消

二度寝は体をだるくさせたり、午前中の集中力を落として生産性を低下させると言われてきました。しかし、二度寝にはストレスに強くなるという効果があります。それは二度寝の気持ち良さでストレスが減少することがわかったからです。なぜ、二度寝がストレス解消に役立つかがわかったのかというと、ストレスを感じたときに分泌されるコルチゾールという通称ストレスホルモンと呼ばれるホルモンの分泌が二度寝によって減ることがわかったからです。このため、二度寝はストレスを軽減するのに役立つ行為ということがわかったのです。日頃からストレスを感じている人、嫌なことがある日などは早めに起きて二度寝することでストレスホルモンの分泌が減り、新たな気持ちでストレスに立ち向かうことができるでしょう。

【2】睡眠不足を解消する

二度寝は寝不足解消

二度寝のもっとも単純な効果として睡眠不足の解消があります。健康な人であれば、一度目が覚めたらそのまま眠りにつくことは難しいことです。しかし、体調不良であったり、睡眠が不十分な人は目が覚めてもすぐにまた眠りにつくことができます。これは体が睡眠を欲しているサインなのです。この睡眠不足を二度寝は短い時間に補う役割があります。ただし、二度寝をしすぎると体がだるくなったり、起きなければいけない時間に目が覚めないこともあります。そのため、二度寝をするなら30分以内に留める方がよいでしょう。

【3】生活リズムを省みる指標になる

二度寝は最適な睡眠を知る機会

二度寝の直接的な効果ではありませんが、二度寝をしたくなるという欲求は間接的に健康に役立つ情報となります。それは、生活リズムが悪いという情報です。とくに連日二度寝をしたいという人はもともと夜寝る時間が遅過ぎる可能性があります。もし十分に睡眠時間を確保しているのに眠いという場合には睡眠の質が低下していることが考えられます。朝日を浴びたり、夕食を控えめにするなどの習慣を正すことが有効です。また、寝る前に足元や腰を湯たんぽで温めると血行が改善して眠りに入りやすく、深く眠れるようになります。これらのことを実践して睡眠の質を高めたり、睡眠時間が少なくならないようにするなど、二度寝は普段の生活を見直す際に有用な情報になります。

PR