睡眠の質を向上させることが解決の早道かも?!二度寝しない方法を紹介☆
57views

睡眠の質を向上させることが解決の早道かも?!二度寝しない方法を紹介☆

二度寝して大事な約束に遅刻しないための二度寝しない方法として目覚まし時計を増やすことやスマホの画面を見ることなどをおすすめします。また、二度寝してしまうのは一度目の睡眠の質が悪いことや起きるタイミングが睡眠サイクルと合ってないことが考えられます。睡眠の特性を知って二度寝を防ぎましょう。

二度寝しない方法

二度寝をしない方法を知っておきましょう朝、せっかく早起きしたのにいつの間にか二度寝してしまった、という経験は誰にでもあることではないでしょうか?
二度寝の気持ち良さが好きな人はわざわざ二度寝するために早く起きるといいます。それくらい、多くの人が大好きな二度寝ですが、用事のある日や仕事の日にうっかり二度寝して遅刻してしまうと社会的な信用を失うことになります。
そうならないために、二度寝をしない方法を知っておきましょう。

目覚ましを増やす

目覚ましを増やす二度寝を防ぐ方法としてもっともシンプルなのは目覚まし時計の数を増やすことです。また、スヌーズ機能のある目覚まし時計や携帯電話などのアラーム機能を利用するのも良い方法です。
二度寝の誘惑に負けそうなときに何度も不快な音で起こされるのでやがて眠気が覚める効果が期待できます。複数の目覚まし時計は異なる場所に用意することができる点で携帯電話などのスヌーズ機能より優れています。
起き上がってからでなければ止められない場所に目覚まし時計を仕掛けることで自然と寝床から離れることができます。

思いきって寝床から出る

たくさんの目覚まし時計を用意しなくとも、一度目に目が覚めたときに思いきって寝床から転がり出るというのも効果的です。
温かい寝床にいつまでもいると二度寝してしまうリスクは非常に大きくなります。そのため、横になったままでも良いので、とりあえず、ベッドや布団から転がり出るのです。
このとき、布団でなくベッドで寝ている場合にはベッド下に落ちてしまうことになりますが、その痛みと衝撃と寒さで目が覚めるということで毎朝、このようにして起き上がるという人もいるそうです。

起きたらスマホをいじる

起きたらスマホをいじる夜、寝る前にスマホの画面を見ると目が覚めたり、眠りに入りにくくなるということがわかっています。
それを利用して、朝、目が覚めたらスマホの画面を見ることも効果的な方法です。寝ている間に来たメールやLINEを読んで返信したり、ニュースを読むなどして目から入る刺激によって眠気を覚ますことができます。お気に入りのサイトやブログなどを朝の寝床の中で読むという習慣を作っても良いかも知れません。
ポイントは見ていて、好ましい、楽しいというものを見ることです。つまらないものや難しいものを見ると、また眠くなることがあるので注意しましょう。

二度寝をしてしまう原因

ここまで二度寝をしないために朝、目が覚めたときに行って効果的なことを紹介してきました。
しかし、二度寝の原因は寝起きだけにあるわけではありません。寝起きが良くないのは寝る前の行動や睡眠の質が良くないために起こることがあるからです。

一度目の睡眠が不十分な場合

二度寝をする、しないというのは根性の有る無しよりも一度目の睡眠の質に大きく関わるようです。
例えば、同じ時間の睡眠でも質がよくなければ、寝起きが悪く二度寝してしまう可能性が高くなります。短時間でも深く質の高い睡眠がとれたならば、二度寝を回避することができます。
そのため、二度寝を防ぐためには日常的に睡眠の質を高めることが大切です。睡眠の質を高めるために有効なのは、朝から日差しを浴びること、日中に軽い運動をすること、夕食は軽く済ませることなどが有効です。
また、体を日常的に温めることで睡眠の質が改善することがわかっています。下半身を冷やさないような服装や半身浴、寝るときに湯たんぽを使うなどして体を温めるようにしましょう。
睡眠の質が改善することで自然と早起きができるようになるでしょう。

起きるタイミングが悪い?

起きるタイミングが睡眠のリズムにあっていないのかも二度寝をしてしまうのは、起きるタイミングが睡眠のリズムにあっていないのかも知れません。
人の睡眠は1時間半前後のサイクルと言われています。このサイクルの切れ目に起きるようにするとスッキリ起きられることがわかっています。反対にこのサイクルの中でもっとも眠りが深くなっているときに起きることはとても困難を伴うと言われています。
そのため、二度寝しないようにするためには起きる時間から逆算して眠る時間を決めることが大切です。自分で睡眠のリズムを測ることが面倒だという人は「スリープトラッカー」を利用すると便利です。
この目覚まし時計は起きたい時間の前に眠りが浅くなったときにアラームが鳴る腕時計型の目覚まし時計です。多少値が張りますが面倒な睡眠サイクルを考えなくて済むので簡単に寝起きを良くすることができます。

PR