いびき対策法でいびきを治しましょう。睡眠の質も上がります。
106views

いびき対策法でいびきを治しましょう。睡眠の質も上がります。

いびきをかくと、睡眠の質が落ち、昼間眠くなったり、仕事や学業に集中することが難しくなります。睡眠時無呼吸症候群がある方は、しっかりと治療をしておきましょう。自分でできるいびき対策法は横向きで寝ることです。横向きになると、自然に口が閉じるため鼻呼吸をすることができるからです。

いびきが社会的問題にまでなりました!

いびきが人の命を奪う!

鼾が人命を損なうこともある

いびきは他人の命を奪います!えっ?何をそんなオーバーなと思っていませんか?いびきは睡眠時無呼吸症候群の原因となっています。そのため、昼間、急に睡魔に襲われ、車を運転中に眠ってしまい、事故に遭ってしまうこともあるのです。一瞬の事故は自分の人生だけではなく他人の人生を奪ってしまうことになりかねないのです。睡眠時無呼吸症候群は、なかなか自分で気がつくことができません。配偶者や家族の指摘で気がつくことが多いのです。症状に気がついたら、早めに病院で治療をしてもらいましょう。

いびきは赤ちゃんからお年寄りまで!

いびきは赤ちゃんからお年寄りまで

いびきをかくイメージがあるのは、中高年のおじさんのイメージがありますが、実は赤ちゃんからお年寄りまで、若い綺麗な女性だってかきます。いびきの原因は喉の粘膜が摩擦することによってかくのです。普段起きているときは、気道は、気道周辺の筋肉で支えられているのですが、寝ているときは筋肉の緊張がゆるむため、気道の中は起きているときよりも狭くなります。また狭い気道の中を呼吸によって空気が吸い込まれたり、吐かれたりするため、空気の振動音が起こるのです。鼻風邪を引いた時や、お酒を飲んだ時、太り過ぎなどが原因で、気道が極端に狭くなった時、いびきをかきやすくなるのです。そのため赤ちゃんも綺麗な女性も、鼻風邪を引いた時などは、いびきをかきやすくなるのです。

怖い睡眠時無呼吸症とは

呼吸が止まるので、寝ているうちに死を招くことも

睡眠時無呼吸症候群とは、寝ている間に気道の粘膜がふさがれてしまうため、息ができなくなってしまう状態のことを言います。当然、息が止まっている時間が長くなればなるほど、命を落としてしまう危険性が高まります。

いびきは睡眠の質を落とします

いびきをかき続けると睡眠の質を落としてしまうため、日中寝不足になり、眠たくなるため、仕事や勉強などに集中することができなくなってしまいます。夜、寝たつもりでも、昼間とても眠いという方は、いびきが原因で不調なのかもしれません。いびきはできるだけ治すようにした方が、長い人生、絶対に得です。

いびき対策法

いびきは寝る姿勢を変えるだけで治すことができます。寝るときは仰向きのスタイルで寝ている方が多いかもしれません。実はこの仰向きスタイルだと、気道が狭くなるため、いびきをかきやすくなるのです。そこで、いびき対策法は横向きスタイルで就寝することをおすすめします。横向きスタイルで寝ると、自然に口を閉じることができるので、鼻呼吸が自然にできるのです。また気道が喉の粘膜などで閉じられることが比較的すくなくなるため、いびきをかきにくくなります。

まくらを活用したいびき対策法をご紹介します

いびき対策には枕が有効

いびき対策法として是非活用していただきたいのが、枕です。えっ?枕なんかでいびき対策ができるのかと思う方もいるかもしれませんが、これがちゃんと出来るのです。うまく活用しないと損ですよ。

抱き枕を活用しましょう

なかなか横向きスタイルで寝るのが難しいという方は、少し長めの抱き枕に、身体を巻きつけるようにして横になってみてください。抱き枕に抱きつきながら眠ると、体重を分散してくれるので、寝ているときに身体の片側だけ体重がかかり過ぎて痛くなりません。太り過ぎの方の場合だと、安眠しやすくなります。

低めの枕だと横向きで寝やすい

これまで高い枕を使っていた方は低めの枕を使うと、横向きで寝やすくなります。

PR