睡眠中のよだれを改善するためには口呼吸の改善が必要不可欠です!
252views

睡眠中のよだれを改善するためには口呼吸の改善が必要不可欠です!

睡眠中のよだれに悩んでいる人はいませんか?朝起きると枕によだれが垂れていた、こんな経験をしたことがある人も多いかと思います。そんな睡眠中のよだれの原因となっているのが口呼吸です。では、口呼吸を改善するためにはどのような方法が効果的なのでしょうか?

睡眠中のよだれを改善したい

原因は口呼吸

睡眠中によだれが多いことで悩んでいませんか?1人で寝ている時ならまだしも、友達や彼氏など誰かと一緒に寝る時には恥ずかしいと感じてしまいますよね。睡眠中のよだれのせいでせっかくのお泊りが楽しめない…なんてことにもなり兼ねません。しかし、睡眠中のよだれは自分ではコントロールすることができません。そんな厄介な悩みを解決するためには、睡眠中のよだれの原因を知る必要があります。

睡眠中のよだれの原因

睡眠中のよだれが多い原因のほとんどは口呼吸にあると言われています。本来であれば睡眠中は鼻呼吸が望ましいのですが、何らかの原因から口呼吸になっているようです。口を開けて寝ているため口の中が乾燥してしまい、乾燥を防ぐためによだれが大量に出るという仕組みです。

口呼吸のデメリット

睡眠中の口呼吸のデメリットは、単によだれがたくさん出ることだけではありません。他にも、口の中が乾燥することで細菌が繁殖しやすくなり口臭の原因になります。睡眠中のよだれで悩んでいる人の中には、口臭が気になるという人も少なくないはずです。また、口を開けて寝ているため細菌が体内に侵入しやすくなります。その結果免疫力が弱まり風邪をひきやすくなってしまいます。

睡眠中のよだれは口呼吸をすることででる

睡眠中に口呼吸になっているということは、口の周りの筋肉が弱っている証拠です。普段の生活の中であまり口を使わないと口呼吸になりやすいようです。口の周りの筋肉が弱るとたるみの原因にもなり兼ねません。このように、口呼吸は美容にも大きな悪影響を与えているのです。

口呼吸には様々なデメリットがあります。睡眠中のよだれが多い場合、高い確率で口呼吸になっています。自覚しているのであれば、口呼吸を意識して改善することをおすすめします。口呼吸を改善することで、睡眠中のよだれも改善することができます。

口呼吸の改善方法

口呼吸を改善するためには、鼻呼吸を意識して行うことが大切です。睡眠中は意識することが難しいですが、普段の生活の中で鼻呼吸を意識して行い、癖を付けましょう。日頃から鼻呼吸を意識することで、睡眠中の口呼吸を改善できる場合もあります。

口呼吸の改善方法

前述したように、口呼吸には口の周りの筋肉も大きく関係しています。口呼吸を改善したいのであれば、口の周りの筋肉を鍛えましょう。食事の時は良く噛んで食べることを意識しましょう。たったこれだけですが、口の周りの筋肉が鍛えられて口呼吸の改善に役立つかもしれません。また、ガムや硬いものを噛むことでも口の周りの筋肉を鍛えることができます。ぜひ、良く噛むことを習慣にしてみてください。

鼻呼吸ができない原因がある場合には、その原因を取り除く必要があります。例えば風邪や鼻炎によって鼻がつまっていると鼻呼吸ができなくなり、自然と口呼吸になってしまいます。そのため、慢性的な鼻つまりがある場合にはまずは鼻つまりの改善が重要になります。

枕の高さはあっていますか?睡眠中の口呼吸は枕の高さが合っていないことが原因になる場合もあります。枕が高すぎる、もしくは低すぎると睡眠中に呼吸がしにくくなってしまいます。そのため、よりたくさんの息を吸うために口呼吸になってしまうのです。なかなか口呼吸が治らない場合には、枕を替えてみるのも1つの手です。

PR