妊娠中に仰向けの姿勢で寝ると、お腹の赤ちゃんに良くないの?
659views

妊娠中に仰向けの姿勢で寝ると、お腹の赤ちゃんに良くないの?

妊娠中に仰向けで寝ている妊婦さんいらっしゃいますか?妊娠後期になってお腹の赤ちゃんが大きく成長する頃には、仰向けで寝ることを控えておいた方が良いと言われています。妊娠中に仰向けで寝てはいけない理由についてご紹介しましょう。

妊娠中に仰向けに寝てはいけないの?

妊娠中に仰向けで寝る
妊娠中に仰向けで寝ると仰臥位低血圧症候群になる可能性があります。この仰臥位低血圧症候群とは一体何なのでしょうか?

仰臥位低血圧症候群とは?

妊娠後期になるとお腹の赤ちゃんは大きく成長します。羊水とあわせるとかなりの重さになります。

妊娠初期や妊娠中期の前半までは、仰向けで眠ることができていたかもしれませんが、妊娠後期に仰向けで寝てしまうと、静脈が圧迫されて血管がつぶれてしまい、気を失ってしまうことがあります。
この状態を仰臥位低血圧症候群と言い、お母さんが気絶してしまうと、赤ちゃんの心拍数も下がってしまい、命に危険性がある状態に陥ってしまいます。

妊娠中に仰向けに寝ていて、気分が悪いなと感じたら、仰臥位低血圧症候群になっている可能性が高いため、すぐに身体の左側の部分を下にして横になってください。
うつ伏せで寝るとますます苦しくなるので、身体を横にして、右側にタオルやクッションなどを入れて左側に体重が掛かるようにすると楽に寝ることができます。

妊娠中に寝やすいシムスの体位

妊娠中に仰向けに寝るのは良くないことが分かりましたね。では、妊娠中はどのような姿勢で寝れば良いのでしょうか?

妊娠中は、体の左半身を下にして、左手を背中側に、右手を曲げて前に出すような姿勢で寝ると良いでしょう。これをシムスの体位と言います。左半身を下側にして寝ることによって、静脈の血行を妨げることなく眠ることができるのです。

妊娠中の不眠に悩まされる妊婦さんは多い!

妊娠中の不眠

妊娠中は、女性ホルモンの分泌や大きくなったお腹の影響で、いつもより寝つきが悪くなる方が多くなります。これから赤ちゃんを出産するという不安と、出産後の赤ちゃんとの生活が予測できず色々と考えてしまい、眠りが浅くなる妊婦さんもいらっしゃいます。

妊娠初期のころは、女性ホルモンの分泌が影響してストレスがたまることで不眠になり、妊娠後期は大きなお腹が体に負担をかけて不眠に悩まされる妊婦さんが多いです。

妊娠中の寝つきを良くする方法は?

妊娠中の寝つき

妊娠中に不眠に悩まされている妊婦さんが、寝つきを良くするための方法をいくつかご紹介しましょう。

【ヒーリングミュージック】
寝る前にリラックスできるヒーリングミュージックを聴くことで、ゆったりと眠りにつくことができます。ヒーリングミュージックの中には、自然の中の雨音や川の流れる音などがあり、精神的に安定させてくれる癒し系の音楽となっています。寝つきを良くするために、ヒーリングミュージックを聴いてみてはいかがでしょうか?

【寝つきが良くなるツボ押し】
お風呂上りに寝つきが良くなるツボを押してみましょう。頭のてっぺんにある百会というツボは寝つきを良くしてくれるツボとして有名です。親指のハラでゆっくりと押してみましょう。また、耳の後ろにある骨から指1本分の場所にある安眠のツボも、寝つきを良くしてくれます。こちらも寝る前に、じんわりと押してみましょう。

【あたたかい飲み物】
寝る前に、ホットミルクやミルクティーなどのあたたかい飲み物を飲むと寝つきが良くなります。妊婦さんはコーヒーなどのカフェインが入っているものは、飲むことを控えておいた方が良いです。ハーブティの中には、妊娠中に飲むとあまり良くないものもあるので、注意をしておきましょう。

PR