過少月経は漢方の力で本質からの改善を目指そう
849views

過少月経は漢方の力で本質からの改善を目指そう

過少月経は漢方のパワーを借りることで、改善に期待が持てます。漢方は、体が持つ本来の働きを取り戻すのが目的です。女性機能の問題を解消するためになるべく自然な方法で対策したいという方には、体への負担の軽さが助かるでしょう。

過少月経は漢方ではどう見るか

過少月経は漢方ではどう見る?

過少月経の原因には器質性と機能性があり、子宮などに問題がある場合を器質性、黄体機能に問題がある場合を機能性と切り分けています。ただ、これは西洋医学の話で、東洋医学では別の考え方があります。

漢方では、体内の気血水に不具合が生じると体調異変に通じるという考え方が受け継がれています。過少月経は血の問題かと気づく人は多いでしょうが、現代ではストレスなどが原因となることも多く、気が関係することも珍しくないのです。
いずれにしても体内の巡りが悪くなることで問題が生じるのが漢方での考えですから、巡りを良くすることが対策法となってきます。そのために漢方薬が用いられるわけですが、器質性の病気などが背景にある場合は西洋医学の診断を受けることも大切です。

血虚、腎虚、お血の状態とは

東洋医学で過少月経のときに考えられる原因が、血虚、腎虚、お血の状態です。血虚とは、文字通り血が少なくなることです。血液の量が不足していれば、月経血の量も減少してしまいます。血液が消耗される理由には、いろいろ考えられますから注意しておくといいでしょう。出産や授乳によっても、血液量は不足します。もちろん、食事の栄養が不足しているときも血虚をもたらすでしょう。

第一子を順調に妊娠した人でも、第二子がなかなかできないということがあります。そんなときも、第一子の出産や授乳によって血液の量が減少していると、妊娠しにくくなると漢方では考えられているのです。腎虚は腎臓機能が低下していること、お血は血の巡りが悪くなっていることを指し、それぞれ改善することで過少月経からも解放されます。

過少月経に用いられる漢方

過少月経に用いられることが多い漢方には、桃核承気湯(とうかくじょうきとう)、通導散(つうどうさん)、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)、加味逍遥散(かみしょうようさん)、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)、温経湯(うんけいとう)などがあります。状況によっても処方される漢方は異なり、例えばお血が大きな原因と見られるときには加味逍遥散や桃核承気湯が処方されることが多いのです。

体質によっても処方される漢方は違ってきますから、同じ症状だからといって別の漢方が処方されることは珍しくありません。腎虚の場合は、杞菊地黄丸や海馬補腎丸などがよく処方されています。婦宝当帰膠は、血虚の場合に処方されることがよくあります。漢方を処方してもらうときには、漢方医のいる薬局で相談してみましょう。

漢方は個人の体質に合わせて処方

漢方は個人の体質に合わせて処方

西洋医学の薬の場合、ほとんど一律に症状に合わせた処方がされます。患者の体質に合わせた処方がないわけではありませんが、漢方とは根本的な違いがあります。

漢方薬の場合は、処方する人の症状だけでなく体質にも合わせて調合されます。そのため、市販の漢方以外では個人によって異なる処方がされているのが普通です。これは、症状を取り去ることが最優先の目的ではなく、体の本質の働きを取り戻すことで健康な状態を目指す考えが優先されている証拠でもあります。
試してみてから合わなかったということもあるとはいえ、刺激の強い化学成分に体を合わせるよりも薬を個人の体質に合わせて処方するため、体に負担の少ない方法で対策できるのが特徴です。

PR