過少月経は不妊につながる可能性が高い現象
83views

過少月経は不妊につながる可能性が高い現象

過少月経は不妊、と決め付けてかかる必要はありませんが、とはいえ侮れないのも事実です。もしも子宮の癒着などに関係していれば、手術の必要が出てくる可能性もあります。ここでは、過少月経と不妊との関係や解決法についてお話しましょう。

過少月経はなぜ不妊につながるか

過少月経は不妊につながる?

過少月経は不妊につながる心配のある月経不順だと、認識している女性は少ないかもしれません。生理が全く来ない、月経血の量が多い場合は、女性も異常を察知しやすいものです。
ところが過少月経の場合は、期間が短く済んでよかった、月経血の量が少なくて楽だったという実感のほうが強く出やすいためです。もちろんそのように安心している場合ではなく、過少月経も月経不順なのだと思って原因を考えてみることが大切です。

過少月経は、排卵機能が不全になっている、あるいは子宮が癒着して内膜症になっているなどの原因が考えられます。いずれの場合も、正常な妊娠を阻害するトラブルです。これらの問題から過少月経になっているなら、改善を目指して何らかのアクションを起こす必要があります。

過少月経は無排卵の可能性

過少月経が黄体機能不全を原因としている場合、女性ホルモンの一種であるエストロゲンの分泌に問題が生じてきます。また、排卵していない恐れもあり、無排卵なら妊娠は不可能です。閉経を目前とした女性やホルモンバランスが安定していない思春期の女子であれば、過少月経も珍しくはありません。
しかし、年齢的には成熟した女性であるにもかかわらず月経血が極端に少なく生理期間が短いのなら、女性機能が上手く働いていない可能性を疑ってみたほうがいいでしょう。

ただ、婦人科に行って検査を受けるのには抵抗があるという女性も多いものです。まずは自己判断で排卵状態を調べることもできるため、試してみてください。

過少月経かどうかを判断するには

過少月経かどうかを判断するには

自己判断で過少月経かどうか、排卵しているか否かを判断するには、基礎体温をつける方法があります。婦人科に行くのが一番確実ではありますが、基礎体温もかなりの高確率で身体の状態を教えてくれますので頼りにしてみてください。

基礎体温をつけていると、生理の前には二週間ほど高温期が続いているのがわかります。これは正常な身体のリズムをとっている場合で、排卵した後に高温期がやってくるのです。個人によって多少の誤差があるとはいえ、高温期がない、あるいは高温期が通常より短い場合は異変が起きている可能性が高いです。
こうして基礎体温をつけたデータは、しっかりとっておくといいでしょう。婦人科で検診を受けたときには、基礎体温をつけるように求められます。そのときにデータがあれば、スムーズに話が進むのです。

過少月経の治療は婦人科でも可能

過少月経の治療は婦人科でも可能

過少月経で不妊の心配がある場合は、婦人科で治療を受けることが可能です。黄体機能が働いておらず無排卵やホルモンバランスの乱れが起きている場合は、ホルモン補充療法がとられることが多いものです。子宮の癒着が進んで子宮内膜症となっている場合は、癒着を人工的に剥がす治療、つまり手術が行われます。
ただ、これらの治療で必ずしも妊娠できるようになるとは限らないため、まずは過少月経のサインに早めに気づいて対策をとるようにすることです。

多くの場合、生活習慣や食生活、ストレスなどから体調を崩す傾向にあるのが女性の特徴です。生活習慣を変えるなど無理と思わず、将来なりたい女性像を思い浮かべて一歩ずつ改善してみてください。そんな努力が、いつの間にか美しく健康的な姿を作り出してくれます。

PR