生理の血が少ないのはストレスが原因の可能性
35views

生理の血が少ないのはストレスが原因の可能性

生理の血が少ないのはストレスが原因となっている可能性があり、対策のためには日頃の生活を振り返ってみることが必要です。ストレスは目に見えないものですが、放っておくと美容や健康面に大きな影響を与えかねません。

生理の血が少ないのはストレスが原因の一つ

生理の血が少ないのはストレスが原因の一つ

生理の血が少ないのはストレスが原因といわれて、ハッとする女性は多いのではないでしょうか。それほど、現代の女性はストレスに囲まれた生活を送っています。もちろん女性だけでなく現代人の誰もがストレスにさらされているわけですが、ストレスを放っておくと健康や美容に被害を与える可能性が高く、対策を講じることが快適な生活をもたらしてくれるのは明らかです。

ストレスは、目には見えません。だからこそ、放置しておくと着実に体内にたまっていき、あるとき突然表面に問題が出てくるのです。生理は女性の体のリズムを司る現象で、子供を生むためだけでなく女性自身の心身を健康に美しく保つためにも大きな役割を果たしています。生理に影響が出るほどのストレスは異常なのだと、認識しておきましょう。

ストレスとホルモンバランスの関係

生理の血が少ないことが、なぜストレスと関係するのかと不思議に思う人もいるでしょう。ストレスは、ホルモンバランスと非常に深い関わりを持っています。また、ホルモンは自律神経とも大きく関係しているため、ホルモンバランスが乱れると自律神経にも影響がおよぶことがあります。
ストレスからうつ病を発症するのにもホルモンバランスの乱れが関係しており、ホルモンバランスを整えるために食生活を改善することでうつ病が良くなるなどの対策法が出てきているのです。

ホルモンバランスとストレスとは切っても切り離せない問題ということは、なるべくストレスを溜め込まないことがホルモンバランスを乱さないことだともわかってきます。ストレスを全く感じないようにするのは難しいでしょうが、溜め込まないように気をつけることは可能でしょう。

ストレス解消を日々心がける

日々の疲れは、その日のうちに解消するのが一番です。肉体的な疲れも、翌朝までにとれれば次の日はまた元気に過ごせます。ストレスというと精神的な疲ればかりを思い浮かべるかもしれませんが、それは違います。実は肉体的な疲れも、体にはストレスとなるのです。対策としては、食生活や生活習慣を整えるという方法があります。

食生活や生活習慣を変えるのが一番難しい、そんな風にあきらめがちな人もいるでしょう。しかし、できるところから少しずつ実行していくと、案外生活は改善されてくるものです。例えば、毎日浴槽に浸かってゆっくりする、一日一回は思い切り笑うなど、楽しいことから始めてみるのもおすすめです。浴槽に浸かるのが難しければ、足湯でもいいのです。ストレスはこまめに取るのが、ポイントです。

毎日快適な睡眠をとる習慣

毎日快適な睡眠をとる習慣

もう一つの対策法は、毎日しっかりと睡眠をとることです。長く眠ればいいというわけではなく、いかに熟睡できたかが重要です。一日4時間の睡眠時間しかとれなくても、しっかり熟睡できていれば疲れは取れます。

熟睡する秘訣は、寝る前に入浴して体を温めておく、テレビやパソコン、スマートフォンなどを見て脳を興奮させないようにするなどが効果的です。その上で、部屋を暗くした状態で眠りにつけば、安らかな睡眠がもたらされます。
自分が熟睡できているかどうかは、夢も覚えていないような目覚めかどうかでも判断できます。何度も目覚めてしまうような浅い眠りでは、心身の疲れがとれず、ストレスが解消されにくいことを覚えておきましょう。

PR