生理の血が少ない原因を知って改善する方法
268views

生理の血が少ない原因を知って改善する方法

生理の血が少ない原因には、代表的ないくつかの問題が考えられます。子宮の大きさや加齢、ストレスなど、改善できる問題もあれば改善しにくい問題もあります。ここでは、生理の血が少ない原因と共に対策法について紹介します。

生理の血が少ない原因となる代表的な問題

生理の血が少ない原因となる代表的な問題

生理の血が少ない原因として考えられる代表的な問題には、4つ挙げられます。まずは、閉経に向かって生理の出血量が少なくなってくる加齢の問題があります。もう1つは、子宮の大きさの問題です。残りの2つは、ストレスとホルモンバランスの乱れというよく似た問題です。

いずれの場合も、改善を心がけることで美容や健康に大きな影響を与えずに済ませられます。女性にとって、生理はないと気になるものの、あると面倒にも思えるものです。だからといって、出血量が通常より少ないと思ったことを放っておくのはよくありません。自分の体の状態には敏感に反応して、なるべく平常な状態をキープすることが、いつまでも若々しく美しい体を作ってくれるでしょう。

加齢による生理の血の減少は自然

ある程度の年齢を重ねた人であれば、生理の血が少なくなってきても加齢ではないかと思い至るでしょう。女性は、閉経が近づく40代から50代にかけて整理の出血量が減少してきます。その原因は、ホルモンバランスが乱れるためです。女性ホルモンが急激に減少することから、バランスが乱れて様々な不調をきたすのです。

閉経は生理がもう来なくなることですが、その時期は人によって違います。中には30代後半に閉経を迎える人もいますが、やや早いほうだといっていいでしょう。現代の女性は栄養状態もいいことから、昔よりは遅い時期に閉経を迎える人が増えてきています。ほとんどの場合は自然現象ですから、問題ないと考えて大丈夫です。

子宮の大きさが関係する生理の出血量

ストレスや生活習慣が体に影響?

女性の体は、思春期になると、将来子供を生むのに備えて発達を始めます。10代のうちはまだまだ子宮が発達段階で、生理も安定しない人が多いものです。ホルモンバランスも不安定で、生理の血が少ない原因がこのためとも考えられます。

子宮の発達は20代にもなるとかなり成熟してきますから、成人を過ぎても生理不順が続いている場合は何か問題があって子宮が未成熟な可能性があります。子宮が成熟しきっていないと、妊娠もしにくくなります。ただ、子宮のサイズだけで不妊になるとは限りません。出産などに関係する問題が出る可能性はありますが、もともと子宮が小さい人もいますから神経質になる必要はないでしょう。それよりも気をつけたいのは、ストレスや生活習慣が体に影響を与えている場合です。

ストレスや生活習慣の乱れが影響

ストレス解消!

現代の女性にとって、ストレスを完全に避けて生活するのは難しいものです。仕事や人間関係、勉強、家事や育児、紫外線や公害など、日々ストレスにさらされた生活をしなければならない人が多いのです。ストレスを溜め込むと自律神経が乱れてくるため、これがホルモンバランスの乱れにつながります。

ストレスは生活習慣や食生活から気づかぬうちに受けていることもあるため、規則正しく生活するだけでもストレス解消となります。食事の栄養に気をつけたり、睡眠をしっかりとる、毎日同じ時間に食事や睡眠をとるなど、健康的な生活を心がけるとホルモンバランスを安定させやすいのです。毎日忙しくしている人は、一日一回はほっとできる時間を作って英気を養うようにするとストレスが解消されます。シャワーだけで入浴を済まさず、ときには浴槽に浸かってゆっくりするのも心身ともに癒されるものです。

 

PR