高温期が低いと無排卵?!生理周期が乱れている人は要注意
3,547views

高温期が低いと無排卵?!生理周期が乱れている人は要注意

高温期の体温低いと無排卵の可能性などが考えられます。 妊娠を望んでいる方や不妊症治療をされている方は、高温期の体温低いかどうかを要チェックしてみましょう。 女性ホルモンは、些細なダメージでもバランスを崩してしまう危険性があります。

高温期の体温低い?もしかすると無排卵の可能性が?

woman-520462_640

女性の身体は、すべて子宮を中心に回っていると言っても過言ではありません。女性ホルモンの働きで、排卵が起こったり、月経が起こったりします。その中で女性の体温は約28周期で、低温期と高温期とを繰り返していきます。
高温期は女性にとって排卵がうまく行われたかどうかを知る健康のバロメーター的存在。

ホルモンバランスが崩れることによって起こる無排卵

高温期の体温低い兆候に気がついたら、それは、無排卵の可能性を疑わなければなりません。
無排卵は、女性ホルモンのバランスが崩れることによって起こります。
女性のホルモンはとても繊細で、精神的な要因や、栄養状態、不規則な生活などが原因でくずれます。たとえば仕事の納期が集中していて睡眠時間が激減していたり、食事がいつもと違う時間になってしまっていたりでも崩れてしまうのです。

妊娠したいならホルモンバランスを保って

妊娠を希望されている方は、自分の子宮の状態を良好な状態に保つことが必要になってきます。
また妊娠を望まない方も、女性ホルモンのバランスが悪くなることで日常生活に不調をきたすこともあるので、常に自分の基礎体温に気を配っておく必要があるでしょう。

自分の高温期の体温を知っていますか?

高温期は大体微熱くらい

自分の体調を管理するためにも、基礎体温を毎日つけ、記録に残しておくことはとても大切なことです。

ところで高温期の体温の平均をご存じでしょうか?なんと高温期の体温の平均値は、およそ36.5度から37.0度の間ぐらいまであります。
ほとんど微熱に近い温度だと思いませんか?女性の高温期は約2週間程度続くのですが、ちょっと身体が火照るような熱っぽい状態が継続するのが通常です。

高温期が低いのはホルモンバランスがおかしい証拠

女性の高温期は約2週間程度続くのですが、ちょっと身体が火照るような熱っぽい状態が継続するのが通常です。
この高温期の体温が低いと、子宮やホルモンのバランスが不調であるということを疑わなければなりません。
無排卵であったケースもあるでしょう。ホルモンのバランスが崩れると、子供が出来にくくなるばかりか、精神的にイライラしやすくなったり、感情的にも乱れてくることもあるでしょう。
また肌荒れや、便秘、下痢などの症状も出てくる可能性もあります。

高温期の体温が低い時に改善すべきこと

高温期の体温が低い場合身体が冷えていることや、ストレスがたまった状態、子宮や胃や腸などの臓器が低下している時期でもあるのです。そのためしっかりと体をいたわってあげることが大切です。

体を温めて体にいい食事を摂ろう

しっかりあたためて

身体に必要な栄養分をしっかりと取り、身体を冷やさないようにする工夫が必要な時でもあります。血行をよくすることによって冷え体質を改善することもできます。
また家の中では、足元を温めたり、半身浴をしたりすると冷え性を改善することが出来ます。
また精神的にストレスがたまっている状態であれば、ストレス要因を取り除くことが必要になってきます。気分転換ができる趣味に没頭したり、音楽などを聞いてリラックスするように心がけましょう。

妊活中の方は病院で聞いてみよう

妊活中の方は病院を受診し、症状について聞いてみるのが一番でしょう。
無排卵による高温期の体温低い兆候であれば、適切な解決方法を早い段階で受けることが出来ます。また月経不順の場合であれば、月経不順を治すことによって、より早く赤ちゃんを望むことができるでしょう。

PR