排卵後に眠い…この眠気の原因と対処法
48,613views

排卵後に眠い…この眠気の原因と対処法

"排卵後に眠い!その原因は黄体ホルモン分泌のせいなのです。 女性にとって排卵日は、身体に負担がかかるダメージの日でもあるのです。 こんな日は早めに仕事を切り上げて、家でリラックスするのが一番です。 あらかじめ、苦しい症状が出る排卵日までに仕事を計画的に終わらせて段取り良くするのも解決方法ですよ。

なんと!排卵後に眠いのには理由あり

ホルモンバランスが崩れることで体調不良に

排卵後に眠いのには理由があります。それは排卵時には、黄体ホルモンというホルモンが分泌され、身体の中ではホルモンのバランスが一気に崩れるときだから。排卵日後にはプロゲステロンと呼ばれる女性ホルモンの分泌が増えるのですが、これには眠気を引き起こす作用があります。排卵日後には眠気以外にも様々な症状を引き起こします。卵巣から排卵をする際にも卵巣が傷ついたりするため、排卵時に出血があったり痛みがあったり、人によっては、頭の片側だけものすごく痛みを感じる片頭痛があることも。
他にも、身体がなんとなくだるかったり、嘔吐感、貧血、食事がまずく感じられるなどの症状がでてきます。

このように生理だけではなく、生理が終わった14日後の排卵日にも、女性にとっては体調のすぐれない日々が続くのです。
生理週間1週間と、排卵日を含めた数日間は、女性にとっては不調の日が続くというわけです。
1年のうちの約3分の1の120日間が、女性の不調日と考えると、ものすごく長い時間だと思いませんか?

女性の宿命!不調の日をとにかく乗り越える!

女性にとって毎月の生理や排卵日は、子供を産む機能を備わった女性ならではの宿命だと思わざるを得ません。
月経のある人生の三分の一が、不調の日なのですから、乗り越えるしか方法はないでしょう。
学生の方であれば、大切な試験の際に、このような不快な症状が出ると、試験の結果に影響が出てくることもあるでしょう。
また社会人の方であれば、大切な仕事をしなければならない日が排卵日と重なると困ったことになるという方もいるかもしれません。

どうしても辛い時は産婦人科を受診しよう

排卵日の症状が、日常生活をするのに耐えがたいものであるのであれば、毎回生理の日や排卵日をずらすのは大変ですが、その時だけ、ずらすことができます。

それは、産婦人科に行ってピルを処方してもらい、月経と排卵日をずらすという方法です。
また月経周期が不安定なことが原因で、排卵日の不快な症状に悩まされているのであれば、月経周期を正常化させることで正常化させる方法があります。

排卵後の不調は月経前症候群=PMSと呼ばれる症状

11070012107

 

排卵後の不調は月経前症候群=PMSと呼ばれる症状です。この時期は、眠たくなるなどの身体の不調がありますが、生理後2週間後は規則正しい生活、なるべくよく寝ることを心がけましょう。
夜しっかりと眠ることで、昼間の眠気を少しでも防ぐことができます。また精神的にも不安定になっているときなので、寝る前はリラックスした状態を保つようにしてベットに入りましょう。

基礎体温表をつければ不調の日を予測しておこう

月経前症候群の日を知るには、やはり基礎体温表をつけることが一番です。生理が終わってから14日後が排卵日とされていますが、基礎体温を毎日つけることによって、その日をより正確に知ることが出来るのです。
基礎体温をつけると、低温の期間が約14日間続き、低温期の後に体温が急激に下がる時がきます。この時が排卵日です。
排卵日後には、高温の期間や約14日間続きます。
しっかりと自分の基礎体温パターンを知ることで、自分の体調管理をすることができますよ。不調の日があらかじめ分かっていれば対策も可能です!

PR