排卵日の下腹部痛、辛い症状はどうして起こるの?
473views

排卵日の下腹部痛、辛い症状はどうして起こるの?

排卵日の下腹部痛とは、排卵日の前後3日間に起こる、女性特有の不快な症状です。排卵日の前後になると、チクッとした痛みや腹部に鈍痛を感じます。これは、卵胞から卵子が出る際の痛みと、卵巣の腫れによるものです。

排卵日の下腹部痛について

排卵日の下腹部痛と生理痛は、見分け(判断)が付きにくいと思いませんか? ここでは、気になる排卵日の下腹部が起こるメカニズムと生理痛との見分け方、痛みへの対処方について詳しく説明したいと思います。身体の仕組みやバイオリズムを知り、不快な症状が和らぐようにしましょう。
排卵日の下腹部痛

排卵日の下腹部痛と生理痛の違いについて

排卵日の下腹部痛は、排卵日の「3日前後」に起こる症状を指します。28日周期で計算すると、月経終了から14日前後が、排卵日にあたります。生理痛との違いは、生理痛は月経が始まる一週間前から、月経開始時までの期間「約一週間」続く点です。多くの女性は、生理痛の方が症状が重く、不快に感じると言います。また、(個人差がありますが)生理痛の症状が重い場合は、数日間寝込んでしまうケースもあります。

排卵日の下腹部痛が起こるメカニズム

排卵日の前後に腹部が痛むのは、体内の卵子が、卵胞を破ることが原因です。また、排卵の前後には黄体ホルモンの影響で、卵巣が大きくなり「腫れによって痛みを感じ」です。このほか、女性に多い冷え性、ホルモンバランスや自律神経の乱れで、痛みの深さはより大きくなります。

排卵日の下腹部痛、気になる症状について

排卵日の前後は、チクチクとした痛みを伴うことが多いです。ただ「排卵が原因で、下腹部が痛んでいるだけだろう」と、自己判断するのは、良くありません。中には、子宮の健康状態により、卵巣が腫れている恐れもあるので注意が必要です。あまりにも痛みが大きい場合や、症状が重く感じる時には、産婦人科で診察を受けてください。早く診察を受ければ、原因も分かるので、より早く安心できます。

おりものの状態をチェックしよう

排卵日の下腹部痛でおりものの状態
排卵時には、おりももの量が多くなることが多いです。チクチクと下腹部が痛む時には、おりものの量をチェックしましょう。また、女性によっては排卵の前後に少量の出血を伴います。おりものの色が茶色や血の混じった色をしていれば、排卵時に出血した可能性が高いです。排卵後に症状が治まるはずですが、痛みが長期化する場合は、産婦人科医に相談を行ってください。

排卵日の下腹部痛・痛みへの対処方

排卵が原因の症状は、多くの場合、排卵日を境に症状が治まります。ただ、症状が重い場合は、医師に相談の上、低量ピルを処方してもらうか、専門の治療を受けると良いでしょう。また、乳製品や肉類を食べると、腹痛が強くでることがあるので、排卵の前後は食事のバランスに気をつけましょう。このほか、体が冷えないよう、靴下を履いたり、温かい飲み物を飲むようにしましょう。

バイオリズムを知ることが大切!

排卵と月経のリズムを知るため、できる限り基礎体温を付けるようにしてください。基礎体温を計る場合は、普通の体温計で無く「婦人用体温計」を使ってください。通常の体温計よりも正確に測定でき、月経や排卵日など「身体のバイオリズム」を知るのに必要なアイテムです。体温を計測した後は、ノートに記録を残すか、専門の「測定アプリ」を使って記録しましょう。最近では、無料で使える便利な記録アプリもリリースされています。
排卵日の下腹部痛の対処方

排卵日の下腹部痛で注意したいこと

排卵に伴う下腹部の痛みは、多くの場合心配はいりません。ただ、症状が重い場合は、早めに信頼できる医師や産婦人科に相談するようにしてください。早めのケアが、大切な子宮と女性の健康を守ってくれます。

PR