まるで更年期障害!?早発閉経の症状について
327views

まるで更年期障害!?早発閉経の症状について

早発閉経の症状はいくつかありますが、その多くが更年期障害と共通しています。20代や30代で更年期障害の症状が出るなんて想像もつきませんが、実際にその歳で早発閉経の症状に悩まされている人は少なくありません。早期発見のためにも、今から早発閉経の症状を理解しておきましょう。

早発閉経の症状

20代や30代、40代前半で閉経してしまう早発閉経。50歳前後で起こる閉経と同じく、生理が止まってしまいます。早発閉経は次第に生理の間隔が長くなり、いずれ生理がこなくなるというイメージを持つ人が多いようです。しかし、早発閉経の症状は人によって異なります。

生理の間隔が長くなりそのまま閉経する人もいれば、生理の間隔が短くなり閉経する人もいます。また、生理の間隔が短くなったり長くなったりとバラバラになって閉経するパターンもあります。人によっては、これまで正常に生理がきていたのに、突然閉経してしまうこともあるようです。

このように、早発閉経の症状はいくつかのパターンがあります。そのため、生理の間隔が長くなったから閉経が近づいている、生理の間隔が短くなったから閉経が近づいているとは言い切れません。

早発閉経の症状に大きく関係している女性ホルモン

早発閉経では、通常の閉経と同じく閉経が近づくにつれて女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量が少なくなっていきます。エストロゲンが減少してしまうと、ホルモンバランスも崩れてしまいます。つまり、エストロゲンが少なくなることで生理がこなくなってしまうのです。このように、エストロゲンは早発閉経と深い関係性があることが分かります。

早発閉経の症状に大きく関係している女性ホルモン

エストロゲンの主な働きは、妊娠しやすい状態を作ることです。たとえば、子宮内膜をフカフカにして受精卵を着床しやすくする・卵胞の成長を助けるという働きがあります。このような働きを持つエストロゲンが減少するという事は、妊娠しにくい状態になるということです。

しかし、エストロゲンは妊娠だけに関係する働きを持っている訳ではありません。エストロゲンは、女性らしい体を作るホルモンとも言われています。また、女性の体を健康に保つためには必要不可欠なホルモンなのです。具体的には、骨の形成を助ける・血管収縮を抑える・自律神経を整えるなどの働きをしています。

エストロゲン減少による症状

早発閉経の症状は、生理が止まるだけではありません。それ以外の症状として、エストロゲン減少に伴うものも表れます。エストロゲン減少による症状は更年期障害の症状と共通しています。

閉経・早発閉経の代表的な症状として挙げられるのが、ホットフラッシュです。ホットフラッシュとは、急に体が火照って汗が大量に出る症状です。
通常であれば、焦った時や恥ずかしい時、びっくりした時にこのような症状が表れますよね。しかし、更年期障害の場合はきっかけなく急にホットフラッシュの症状が表れます。このようなホットフラッシュの原因は、エストロゲン減少により血管が収縮し血液が流れにくくなるためです。

自律神経が乱れるという事は、精神状態が不安定になりやすい状態

エストロゲンが減少すると自律神経が乱れてしまいます。自律神経が乱れるという事は、精神状態が不安定になりやすい状態とも言えます。日常的にイライラや不安感などが強くなり、起伏が激しくなります。人によってはうつの症状が表れることもあります。

早発閉経では、骨粗鬆症のリスクが高まると言われています。これは、骨の形成を助けるエストロゲンが減少することが原因です。そのため、早発閉経後の骨粗鬆症を予防するためにしっかりと治療を行わなければなりません。

PR