いつもより生理痛がひどいときにとるべき対処方法
4,182views

いつもより生理痛がひどいときにとるべき対処方法

いつもより生理痛がひどいのには、必ず原因があるはずです。食生活や生活習慣が影響しているだけならまだしも、病気が原因であれば大問題です。ここでは、急に生理痛がひどくなったときにとるべき対処法についてお話します。

婦人病が背景となっている場合

いつもより生理痛がひどいときに可能性として高いのは婦人病

いつもより生理痛がひどいときに可能性として高いのは、婦人病です。高い割合で子宮内膜症が発生していることを考えても、自分だけが婦人病にならないとは誰も断言できないでしょう。女性は、生理の痛みを我慢してしまいがち。
しかし実は、生理痛があるというだけでも、正常なことではないのです。それがいつもよりひどくなるのですから、明らかに体に異変が生じていると考えて、婦人科を受診することをおすすめします。

できれば、苦痛を感じてから婦人科に駆け込むよりも、普段から定期健診を欠かさず受けておくこともおすすめです。ある程度の年齢になると、婦人科検診が健康診断に含まれるようになります。避けずに受けるようにすることで、病気を未然に防ぐことも可能なのです。

子宮の収縮が強まる原因

生理痛の原因は、子宮を収縮させて経血の排出を促すプロスタグランジンというホルモンが分泌されるためです。このホルモン分泌量が多ければ多いほど、痛みは強くなる傾向があります。
そして、プロスタグランジンを過剰に分泌させる原因として考えられるのが、脂肪の多い食事やアルコールなど。毒素の多いものを飲食すれば、そのぶん老廃物が蓄積され、生理のときに経血に含めて排出しようとするためにプロスタグランジンが多く分泌されてしまうのです。

いつもより生理痛がひどいと感じたら、ひょっとして普段より甘いものや油ものを多くとっていなかったか、お酒を飲みすぎていなかったかなど振り返ってみてください。心当たりがあれば、入浴や運動で汗から老廃物を排出させることも試みるといいでしょう。

体を温める応急措置が効果的

体を温める応急措置が効果的

子宮を収縮させてしまうことの一つに、体の冷えがあります。体が冷えやすい人は、血液の流れが停滞しやすくなり、そのぶん体温も低くなります。体の冷えを解消するには、着るものや暖房で対策するよりは体の内側からケアしたほうがいいでしょう。
もちろん応急措置としては上着を着る、靴下を履くなどの対策も効果的なのですが、それを日常にしていると体がエネルギーを発散しにくい体質になる恐れがあります。冷えることによって体が自主的にエネルギーを出して温めようとする力も、無視してはいけません。

温かいものを飲むのも効果的ですが、カフェインの多いコーヒーや緑茶は飲み過ぎに気をつけてください。甘みを加えていないしょうが湯などは、おすすめです。

急激なストレスを受けていないか

ストレスや喫煙も、血管を収縮させる要因の一つ

ストレスや喫煙も、血管を収縮させる要因の一つです。できれば禁煙を心がけることをおすすめしますが、生理の前や生理中だけ禁煙してみるのもいいでしょう。
また、急なショックを受けてストレスになってしまい、子宮まわりの血管が収縮して生理痛がひどくなることもあります。受けるショック自体は避けがたいかもしれませんが、ストレスを受けたと感じたらなるべく早いうちに解消に努めるのが効果的です。

例えば、入浴する、早めに寝てしまう、ただただのんびりする、面白いテレビや漫画を見るなどもいい方法です。ただし、パソコンやゲームなどは、眠れなくなってしまう恐れがあるため、長時間接触しているのは逆効果になりかねません。なるべく自然な方法を選んでストレス解消するのが、一番です。

PR